お知らせ

2011年12月20日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

抗告訴訟において、国または公共団体を被告とすることはできる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 行政事件訴訟法

2011年12月19日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

不作為の違法確認の訴えは、処分又は裁決について申請した者以外についても提起することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年12月16日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

取消訴訟は、処分または裁決の取消しを求めるについて、法律上の利益を有する者であれば、処分等の相手方に限らず提起することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 行政事件訴訟法

2011年12月15日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

抗告訴訟において、国または公共団体を被告とすることはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 行政事件訴訟法

2011年12月14日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

処分の取消しの訴えは、当該処分につき、法令の規定により審査請求をすることができる場合においても、直ちに提起することは妨げない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年12月13日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

無効等確認の訴え、不作為の違法確認の訴えは、ともに抗告訴訟の一種である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年12月12日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

不作為の違法確認の訴えは、処分または裁決について申出をした者に限り、提起することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 行政事件訴訟法

2011年12月09日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

裁決の取消しの訴えを処分の取消しの訴えと併合して提起することはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 行政事件訴訟法

2011年12月08日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

無効等確認訴訟は、処分の無効確認を求める法律上の利益を有する者以外についても、提起することは認められている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 行政事件訴訟法

2011年12月07日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

取消訴訟と行政事件訴訟法第13条各号の1つに該当する請求(関連請求)に係る訴えについては、併合することは認められない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年12月06日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

取消訴訟は、処分または裁決の取消しを求めることについては、法律上の利益を有する者(処分又は裁決の効果が期間の経過その他の理由によりなくなった後においてもなお処分又は裁決の取消しによって回復すべき法律上の利益を有する者を含む。)に限り、提起することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 行政事件訴訟法

2011年12月05日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

裁決の取消しの訴えを処分の取消しの訴えと併合して、提起するようなことは許されない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年12月02日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

事情判決は、請求認容の判決である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 行政事件訴訟法

2011年12月01日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

事情判決は、処分又は裁決の取消しを求める訴えについてのみ認められています。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月30日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

事情判決の制度は、私人の利益の保護よりも公共の福祉の実現を優先させる制度である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月29日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

事情判決は、行政事件訴訟特有な制度であり、行政不服審査法には、類似の事情裁決といった制度はない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月28日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

執行停止の申立てがあったときは、内閣総理大臣は、裁判所に対し、執行停止の決定があった後においても、異議を述べることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月25日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

執行停止の申立てがあったときは、総務大臣は、裁判所に対し、執行停止の決定があった後においても、異議を述べることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月24日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為については、民事保全法に規定する仮処分をすることは許されない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月23日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

民衆訴訟は、行政事件訴訟法による行政事件訴訟に含まれている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月22日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

取消訴訟の出訴期間は、処分の相手方が処分のあったことを知った日から3か月である。 ただし、正当な理由があるときは、この限りでない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月18日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

取消訴訟は、関連請求に係る訴えの併合は、認められていない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月17日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

行政庁の裁量処分については、裁量権の範囲を超え、又は、その濫用があった場合でも、裁判所は、その処分を取り消すことはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月16日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

処分の取消しの訴えの利益が訴訟係属中に消滅した場合には、損害賠償の訴えに変更することは許されない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月15日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

取消訴訟には、関連請求に係る訴えの併合が認められる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月14日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

取消訴訟の効力は、当該訴訟の当事者以外の第三者に及ぶ。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月11日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

取消訴訟は、処分又は裁決の日から6箇月を経過したときは、提起することができない。ただし、正当な理由があるときは、この限りでない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月10日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為については、民事訴訟法に規定する仮処分をすることができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月09日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

取消訴訟は、処分又は裁決があったことを知った日の翌日から3箇月を経過したときは、提起することができない。ただし、正当な理由があるときは、この限りでない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月08日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

食品衛生法に基づいて、都道府県知事に対して行った飲食店営業許可の申請に対して、相当の期間内に何らの処分も行われない場合に、その不作為の違法確認を求める訴えは、行政事件訴訟法第4条の当事者訴訟に当たる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月07日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

地方自治法に基づいて、市町村の境界に係る都道府県知事の裁定について、関係市町村が提起する訴えは、行政事件訴訟法第4条の当事者訴訟にあたる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月04日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

無効確認訴訟は、処分又は裁決があったことを知った日から3か月以内に提起しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月03日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

機関訴訟は、法律に定められた場合に限り、提起することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月02日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

行政庁の裁量処分については、裁量権の範囲を越え、又は、その濫用があった場合に限り、内閣は、その処分を取り消すことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 行政事件訴訟法

2011年11月01日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

民衆訴訟は、行政事件訴訟法における行政事件訴訟に含まれる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月31日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

行政庁の裁量処分については、裁量権の範囲をこえ又はその濫用があった場合に限り、裁判所は、その処分を取り消すことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月28日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

取消訴訟は、被告の普通裁判籍の所在地を管轄する裁判所又は処分若しくは裁決をした行政庁の所在地を管轄する裁判所の管轄に属する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月27日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

取消訴訟は、原則、処分又は裁決があったことを知った日から6か月以内に提起しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月26日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

取消訴訟は、処分又は裁決の日から1年を経過したときは、正当な理由がある場合を除き、提起することができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月25日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

行政事件訴訟法によれば、取消訴訟は、原則、処分または裁決があったことを知った日から3か月以内に提起しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月24日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

行政事件訴訟においては、行政事件訴訟法に定めがない事項については、民事訴訟の例によるものとされている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月21日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

取消訴訟は、処分又は裁決の取消しを求めるについて、法律上の利益を有する者に限り、提起することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月20日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

取消訴訟は、処分又は裁決の相手方に限って、提起することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月19日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

取消訴訟が提起できるのは、その対象となっている処分、裁決に違法な場合の他不当な場合も提起できる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月18日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

取消訴訟を提起できるのは、その対象となっている処分または裁決に違法がある場合に限られる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月17日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

日本国籍を有することの確認の訴えは、行政事件訴訟法第4条の当事者訴訟に該当する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月14日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

機関訴訟とは、国又は地方公共団体の機関の法規に適合しない行為の是正を求める訴訟で、選挙人たる資格その他自己の法律上の利益にかかわらない資格で提起するものであり、法律の定めがないと提起できない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月13日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

機関訴訟は、法律に定める場合以外であっても提起することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月12日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

不作為の違法確認訴訟は、行政庁において、一定の処分を行わないことが行政庁の義務に違反することの確認を求める公法上の当事者訴訟である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月11日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

無効確認訴訟は、処分の無効確認を求める法律上の利益を有する者に限って、提起することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月10日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

不作為の違法確認の訴えは、処分又は裁決について申請をした者意外でも提起することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月07日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

機関訴訟とは、行政庁の公権力の行使に関する不服の訴訟をいう。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月06日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

民衆訴訟とは、当事者間の法律関係を確認し又は形成する処分又は裁決に関する訴訟で法令の規定によりその法律関係の当事者の一方を被告とするもの及び公法上の法律関係に関する確認の訴えその他の公法上の法律関係に関する訴訟をいう。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月05日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

当事者訴訟とは、国又は公共団体の機関の法規に適合しない行為の是正を求める訴訟で、選挙人たる資格その他自己の法律上の利益にかかわらない資格で提起するものをいう。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月04日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

行政事件訴訟法において、訴訟の種類は、抗告訴訟、当事者訴訟、民衆訴訟及び機関訴訟の4種類である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 行政事件訴訟法

2011年10月03日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

当事者訴訟は、抗告訴訟に含まれている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 行政事件訴訟法

2011年09月30日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

不作為の違法確認の訴えは、抗告訴訟に含まれている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 10:00 | 行政事件訴訟法

2011年09月28日

〜行政書士練習問題〜 行政事件訴訟法

行政事件訴訟法において、行政事件訴訟とは、抗告訴訟、当事者訴訟、民衆訴訟、越権訴訟をいう。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 行政事件訴訟法

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。