お知らせ

2015年03月30日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

憲法改正について国民に提案してその承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:憲法改正

2014年06月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

憲法改正を発議する場合、秘密会を開く場合及び議員の資格訴訟の裁判で、議員の資格を失わせる場合は、いずれも、出席議員の3分の2以上の賛成を必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:憲法改正

2014年02月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正は、各議院の総議員の5分の4以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその許可を経なければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:憲法改正

2013年10月30日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正について、国民の承認を得る方法としては、特別の国民投票の他に国会の定める選挙の際、行われる投票がある。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:憲法改正

2013年10月29日

〜行政書士練習問題〜 憲法:改正

憲法改正を発議する場合、各議院の3分の2以上の賛成を必要とするのは、総議員のうちである。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:憲法改正

2013年08月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、内閣が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:憲法改正

2013年08月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正について、国民の承認を得るためには、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その4分の3以上の賛成を必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:憲法改正

2013年06月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正について、国民の承認を経たときには、天皇は、国民の名で、遅滞なくこれを公布する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:憲法改正

2013年05月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正は、各議院の総議員の過半数の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならなず、この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その3分の2以上の賛成を必要とする。
   
答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:憲法改正

2013年03月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:改正

憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならず、この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:憲法改正

2013年03月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:改正

憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:憲法改正

2013年03月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:改正

憲法改正について国民の承認を経たときは、内閣は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:憲法改正

2013年03月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:改正

憲法改正には、国民の承認が必要である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:憲法改正

2013年03月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:改正

憲法の改正は、各議院の総議員の5分の4以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:憲法改正

2013年02月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

この憲法の改正は、各議院の総議員の(1)の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。

この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その(2)の賛成を必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:憲法改正

2012年10月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正は、各議員の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が発議する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:憲法改正

2012年10月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正について、国民の承認を経たときは、内閣総理大臣は、直ちにこれを公布する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:憲法改正

2012年10月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正について、国民の承認を得るには、特別の国民投票において、その3分の2以上の賛成が必要である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:憲法改正

2012年10月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正について、両議院の意見が一致しない場合には、衆議院の議決が国会の発議となる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:憲法改正

2012年04月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正について、国民の承認を得る為の投票は、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、行われなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:憲法改正

2012年04月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正について、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならず、国民の承認を経たときは、内閣総理大臣は、国民の名で、速やかに公布する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 06:00 | 憲法:憲法改正

2010年02月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正に関しては、他の法律改正同様に国民の代表者たる国会議員が所属している国会で、すべての手続を行うことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:憲法改正

2009年11月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正は、各議員の総議員の3分の2以上の賛成で、内閣が発議し、国民に提案して、その承認を経なければならない。

なお、その承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:憲法改正

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。