お知らせ

2012年02月10日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政指導にあっては、行政指導に携わる者は、いやしくも当該行政機関の任務又は所掌事務の範囲を逸脱してはならないこと及び行政指導の内容があくまでも相手方の任意の協力によってのみ実現されるものであることに留意するよう努めなければならない。

行政指導に携わる者は、その相手方が行政指導に従わなかったことを理由として、不利益な取扱いをしてはならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 行政手続法

2012年02月09日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、申請をしようとする者又は申請者の求めに応じ、申請書の記載及び添付書類に関する事項その他の申請に必要な情報の提供に努めなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政手続法

2012年02月08日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、不利益処分をする場合には、その名あて人に対し、同時に、当該不利益処分の理由を示さなければならない。ただし、当該理由を示さないで処分をすべき差し迫った必要がある場合は、この限りでない。

なお、不利益処分 を書面でするときは、当該理由は、書面又は口頭により示さなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 行政手続法

2012年02月07日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

申請の取下げ又は内容の変更を求める行政指導にあっては、行政指導に携わる者は、申請者が当該行政指導に従う意思がない旨を表明したにもかかわらず当該行政指導を継続すること等により当該申請者の権利の行使を妨げるようなことをしてはならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 行政手続法

2012年02月06日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、申請に対する処分であって、申請者以外の者の利害を考慮すべきことが当該法令において許認可等の要件とされているものを行う場合には、必要に応じ、公聴会の開催その他の適当な方法により当該申請者以外の者の同意を求めるようにしなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政手続法

2012年02月03日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

内容の変更を求める行政指導にあっては、行政指導に携わる者は、申請者が当該行政指導に従う意思がない旨を表明したにもかかわらず当該行政指導を継続すること等により当該申請者の権利の行使を妨げるようなことをしてはならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政手続法

2012年02月02日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政指導にあっては、行政指導に携わる者は、いやしくも当該行政機関の任務又は所掌事務の範囲を逸脱してはならないこと及び行政指導の内容があくまでも相手方の任意の協力によってのみ実現されるものであることに留意しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政手続法

2012年02月01日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、弁明書の提出期限(口頭による弁明の機会の付与を行う場合には、その日時)までに相当な期間をおいて、不利益処分の名あて人となるべき者に対し、予定される不利益処分の内容及び根拠となる法令の条項他所定の事項を書面により通知しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政手続法

2012年01月31日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

弁明は、必ず弁明を記載した書面(「弁明書」という。)を提出してするものとし、弁明をするときは、証拠書類等を提出することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政手続法

2012年01月30日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

主宰者は、聴聞の審理の経過を記載した調書を作成し、当該調書において、不利益処分の原因となる事実に対する当事者及び参加人の陳述の要旨を明らかにしておくよう努めなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政手続法

2012年01月27日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

当事者又は参加人は、聴聞の期日への出頭に代えて、主宰者に対し、聴聞の期日までに陳述書及び証拠書類等を提出することができ、主宰者は、聴聞の期日に出頭した者に対し、その求めに応じて、陳述書及び証拠書類等を示すことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政手続法

2012年01月26日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、不利益処分をする場合には、その名あて人に対し、同時に、当該不利益処分の理由を示さなければならない。

ただし、当該理由を示さないで処分をすべき差し迫った必要がある場合は、この限りでない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政手続法

2012年01月25日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、申請の処理をするに当たり、他の行政庁において同一の申請者からされた関連する申請が審査中であることをもって自らすべき許認可等をするかどうかについての審査又は判断を殊更に遅延させるようなことをしてはならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政手続法

2012年01月24日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、申請に対する処分であって、申請者以外の者の利害を考慮すべきことが当該法令において許認可等の要件とされているものを行う場合には、必要に応じ、公聴会の開催その他の適当な方法により当該申請者以外の者の意見を聴く機会を設けなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政手続法

2012年01月23日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、行政上特別の支障があるときを除き、法令により申請の提出先とされている機関の事務所における備付けその他の適当な方法により審査基準を公にしておかなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政手続法

2011年07月08日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

聴聞の主宰者は、聴聞の終結後速やかに不利益処分の原因となる事実に対する当事者等の主張に理由があるかどうかについての意見を記載した聴聞裁定書を作成し、聴聞調書とともに、行政庁に提出しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 行政手続法

2011年07月07日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政指導に携わる者は、当該行政機関の任務又は所掌事務の範囲を逸脱してはならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 行政手続法

2011年07月06日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

文書閲覧請求権に基づき、当事者が行政庁に資料の閲覧を求めた場合であっても、正当な理由が認められる場合には、行政庁は、その閲覧を拒むことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

2011年07月05日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

聴聞手続きにおいて、当事者が行政庁の職員に対する質問権を行使するには、主宰者の許可は必要ではない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

2011年07月04日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

聴聞の期日における審理は、行政庁が公開することを相当と認めるときを除き、公開しない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

2011年07月01日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

地方公共団体の機関が、その固有の資格において、すべきこととされている届出には、行政手続上の届出に関する規定の適用はない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政指導に携わる者は、その相手方に対して、当該行政指導の趣旨及び内容並びに責任者を明確に示すよう努めなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政手続法

2011年06月29日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、申請に対する処分であって、申請者以外の者の利害を考慮すべき場合は、公聴会の開催その他適当な方法により、当該申請者以外の者の意見を聞く機会を設けるよう努めなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、申請により、求められた許認可等に対する処分をする場合は、あらかじめ審査基準を定め、これを公にしておくよう努めなければらない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

2011年06月27日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、申請により、求められた許認可を拒否する処分をする場合は、申請者に対し、当該処分の理由を示さなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 行政手続法

2011年06月24日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、申請がその事務所に到達したときに、遅滞なく当該申請の審査を開始しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

2011年06月23日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

審査基準を定めることは、行政庁の努力義務である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

2011年06月22日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、適当な方法により、すべての審査基準を公にしておかなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 行政手続法

2011年06月21日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

標準処理期間の進行開始時点は、行政庁が申請を正式に受理した時点から進行する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

2011年06月20日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、申請がその事務所に到達してから当該申請に対する処分をするまでに、通常要すべき標準的な期間を定めるようにしなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 行政手続法

2011年06月17日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政手続法は、行政処分、行政指導、届出、意見公募手続き等について、一般的規律を定める方であるが、他の法律に特別の手続き規定を設けた場合は、その特別規定が優先される。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 行政手続法

2011年06月16日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政手続法は、平成13年4月1日に施行された。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 行政手続法

2011年06月15日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政手続法は、地方公共団体の行政指導には、適用されない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 行政手続法

2011年06月14日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

地方公共団体の機関がする処分のうち、その根拠となる規定が条例又は規則に置かれているものについても、行政手続法の処分に関する手続の規定は、適用される。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

2011年06月13日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

公務員に対して、その職務又は身分に関して、行われる不利益処分については、行政手続法の適用はない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政手続法

2011年06月10日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政手続き上の申請のうち、行政庁が、許否の応答を義務づけられるのは、許可あるいは認可を求めるのみに限られる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 行政手続法

2011年06月09日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

補助金の交付申請は、法令に基づかない申請であっても、行政手続上の申請とみなされる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 行政手続法

2011年06月08日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政手続法が規定する事項について、他の法律に特別の定めがある場合は、その定めるところによる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

2011年06月07日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政手続法は、その第1条で、行政運営における公正、透明の原則と並んで、説明責任を明示している。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

2011年06月06日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

現在、行政手続法の条文総数は、48か条である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 行政手続法

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ