お知らせ

2014年08月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

参議院議長は、国に緊急の必要があるときは、参議院の緊急集会を求めることができる。
 












解答:×です。

以下、日本国憲法:第54条です。

衆議院が解散されたときは、解散の日から40日以内に、衆議院議員の総選挙を行い、その選挙の日から30日以内に、国会を召集しなければならない。

第2項 衆議院が解散されたときは、参議院は、同時に閉会となる。

但し、内閣は、国に緊急の必要があるときは、参議院の緊急集会を求めることができる。

第3項 前項但書の緊急集会において採られた措置は、臨時のものであって、次の国会開会の後10日以内に、衆議院の同意がない場合には、その効力を失う。


参議院議長ではなく、内閣です。




posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:内閣

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ