お知らせ

2016年10月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされない。













解答:○です。

以下、日本国憲法:第38条です。

何人も、自己に不利益な供述を強要されない。

第2項 強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。

第3項 何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。


刑罰にも科されません。





posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:46 | 憲法:人権総論

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ