お知らせ

2015年05月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

何人も、押収を受けることのない権利は、第33条の場合を除いては、押収する物を明示する令状がなければ、侵されない。













解答:○です。

以下、日本国憲法:第35条です。

何人も、その住居、書類及び所持品について、侵入、捜索及び押収を受けることのない権利は、第33条の場合を除いては、正当な理由に基いて発せられ、且つ捜索する場所及び押収する物を明示する令状がなければ、侵されない。

第2項 捜索又は押収は、権限を有する司法官憲が発する各別の令状により、これを行う。

以下、日本国憲法:第33条です。

何人も、現行犯として逮捕される場合を除いては、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となっている犯罪を明示する令状によらなければ、逮捕されない。


第33条=現行犯の場合です。





posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ