お知らせ

2015年05月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

私有財産は、公共のために用いることができないが、正当な補償の下に用いることはできる。













解答:○です。

以下、日本国憲法:第29条です。

財産権は、これを侵してはならない。

第2項 財産権の内容は、公共の福祉に適合するように、法律でこれを定める。

第3項 私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用いることができる。


正当な補償の下なら用いることはできます。





posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ