お知らせ

2015年05月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

配偶者の選択等に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。













解答:○です。

以下、日本国憲法:第24条です。

婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

第2項 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。


尊厳=尊くおごそかで侵しがたいこと。





posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。