お知らせ

2015年01月30日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院の議員は、議院で行った演説、討論又は表決について、院内で責任を問わることがある。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2015年01月29日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院の議長であっても、同時に両議院の議員になることはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2015年01月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

会期前に逮捕された両議院の議員は、その議院の請求があれば、会期中これを釈放しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2015年01月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院の議員は、議院で行った討論について、院外で責任を問われない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2015年01月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣が総辞職しなければいけないのは、衆議院議員総選挙の後、初めて国会の召集があったときのみである。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:内閣

2015年01月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

国の財政を処理する権限を行使するためには、国会の議決に基づく必要がある。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:財政

2015年01月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

国費を支出し、又は国が債務を負担するには、国会の審議を受けることを必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:財政

2015年01月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

国の収入支出の決算は、すべて毎年会計検査院がこれを検査し、内閣は、次の年度に、その検査報告とともに、これを国会に提出しなければならず、また、内閣は、国会及び国民に対し、定期に、少くとも毎年1回、国の財政状況について報告しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:財政

2015年01月20日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

国の収入支出の決算を検査するのは、内閣である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:財政

2015年01月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

参議院が解散されたときは、衆議院は、同時に閉会となる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2015年01月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院の議事を開き、議決するためには、各々その総議員の3分の1以上の出席が必要であり、両議院の議事は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、出席議員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2015年01月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

秘密会を開くことができるのは、出席議員の3分の2以上の多数で議決したときであり、各議員の表決を会議録に記載しないといけないのは、出席議員の5分の1以上の要求があるときである。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2015年01月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

現行犯として、逮捕される場合は、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となっている犯罪を明示する令状による必要はない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2015年01月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、何人も刑罰を科せられない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2015年01月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

国民は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2015年01月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

実行の時に適法であった行為又は既に無罪とされた行為については、何人も刑事上の責任を問うことはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2015年01月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

国及びその機関は、いかなる宗教的活動をしてはならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2015年01月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

法律及び政令には、すべて内閣総理大臣が連署することを必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:内閣

2015年01月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所であり、訴訟に関する手続、弁護士、裁判所の内部規律及び司法事務処理に関する事項について、規則を定める権限を有している。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:司法

2015年01月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判官の懲戒処分は、法務省で行うことはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:司法

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。