お知らせ

2014年09月30日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

相続に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2014年09月29日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持するようつとめなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:人権総論

2014年09月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、国事行為を行うが、その行為の責任は、天皇は、負わない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:天皇

2014年09月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

日本国憲法では、華族の制度は、認めていない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:天皇

2014年09月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

条約の締結に必要な国会の承認は、参議院で衆議院と異なった議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は参議院が、衆議院の可決した予算を受け取った後、国会休会中の期間を除いて30日以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:国会

2014年09月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院が解散されたときは、参議院は、同時に閉会となるが、天皇は、国に緊急の必要があるときは、参議院の緊急集会を求めることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2014年09月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院の緊急集会において採られた措置は、臨時のものであって、次の国会開会の後10日以内に、参議院の同意がない場合には、その効力を失う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2014年09月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、国事行為を行うが、その行為の責任は、内閣が負う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:天皇

2014年09月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:天皇

2014年09月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

皇室典範の定めるところにより摂政を置いたとき、摂政は、天皇の名で内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:天皇

2014年09月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

摂政は、国政に関する機能を有しない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:天皇

2014年09月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、国政に関する権能を有しない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:天皇

2014年09月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

文部科学大臣は、文民でなければならないが、必ずしも国会議員でなければならないわけではない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:内閣

2014年09月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

厚生労働大臣は、文民でかつ国会議員でなければなることはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:内閣

2014年09月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、日本国憲法の規定上その他の国務大臣と対等の関係にある。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:内閣

2014年09月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

予算の議決と内閣総理大臣の指名は、衆議院が先に議決しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2014年09月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、内閣の助言と承認により、衆議院議員の総選挙の日から14日以内に国会を召集しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:天皇

2014年09月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、10日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。

また、内閣総理大臣が欠けたとき、又は衆議院議員総選挙の後に初めて国会の召集があったときは、内閣は、総辞職をしなければならない。

上記の場合には、内閣は、あらたに内閣総理大臣が任命されるまで引き続きその職務を行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:内閣

2014年09月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、国務大臣を任命するが、その6割以上は、国会議員の中から選ばれなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:内閣

2014年09月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

行政機関は、終審として裁判を行うことができないが、前審としては、行うことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:司法

2014年09月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会は、罷免の訴追を受けた裁判官を裁判するため、両議院の議長で組織する弾劾裁判所を設ける。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:司法

2014年09月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判官の報酬は、在任中、減額することはない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:司法

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ