お知らせ

2014年07月31日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

憲法改正、法律、政令及び条約を施行することは、内閣の助言と承認により、国民の為に天皇が国事行為として行うものである。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:天皇

2014年07月30日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証することは、内閣の助言と承認により、国民の為に天皇が国事行為として行うものである。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:天皇

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証することは、内閣の助言と承認により、国民の為に天皇が国事行為として行うものである。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:天皇

2014年07月29日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

皇室典範の定めるところにより摂政を置くときは、摂政は、国民の名でその国事に関する行為を行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 10:00 | 憲法:天皇

2014年07月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

最高裁判所の長たる裁判を任命することは、天皇の国事行為であるが、その際、国会の指名に基づくこととなる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:天皇

2014年07月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

内閣総理大臣を任命することは、天皇の国事行為であるが、その際、国会の指名に基づくこととなる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:天皇

2014年07月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

日本国憲法には、環境権について、明文で規定されている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2014年07月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

日本国憲法には、勤労者の団結する権利について、明文で規定されている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:人権総論

2014年07月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

日本国憲法には、裁判を受ける権利について、明文で規定されている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2014年07月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院の総議員の4分の1の出席では、議事を開き議決することはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2014年07月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

出席議員の6分の1の要求では、各議員の表決を会議録に記載することはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:国会

2014年07月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

出席議員の過半数で議決した場合では、秘密会を開くことはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2014年07月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣の決定は、両議院の同意の下に行われる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:内閣

2014年07月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院が解散されたときは、解散の日の翌日から起算して、30日以内に衆議院議員の総選挙が行われる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:国会

2014年07月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院は、各々国政に関する調査を行い、これに、関して、証人の出頭を要求することはできるが、物品の要求をすることはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:国会

2014年07月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院は、各々その総議員の2分の1の出席がある場合、議事を開くことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:国会

2014年07月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院が解散しても、参議院の会期は、継続して行われる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:国会

2014年07月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

参議院の先議権が認められているのは、予算及び条約の承認である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:国会

2014年07月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

参議院が衆議院の可決した法律案を受け取った後、30日以内に議決しないときは、衆議院の議決が国会の議決となる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2014年07月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院議員の任期は、4年であり、参議院議員の任期は、6年であるが、参議院議員は、2年ごとに議員の3分の1を改選する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:国会

2014年07月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院と参議院とが異なった指名の議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の委員会を開いても意見が一致しないとき、又は衆議院が指名の議決をした後、国会休会中の期間を除いて30日以内に、参議院が、指名の議決をしないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:国会

2014年07月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会は、罷免の訴追を受けた裁判官を裁判するため、両議院の議長で組織する弾劾裁判所を設ける。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:国会

2014年07月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院及び裁判所は、各々国政に関する調査を行い、これに関して、証人の出頭及び証言並びに記録の提出を要求することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:国会

2014年07月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

内閣総理大臣その他の国務大臣は、両議院の一に議席を有すると有しないとにかかわらず、答弁又は説明のため出席を求められたときは、出席しなければならず、また、何時でも議案について発言するため議院に出席するよう努めなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:国会

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。