お知らせ

2014年06月30日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

何人も、同時に両議院の議員になることはできないが、同時に内閣総理大臣と国会議員になることはできる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:国会

2014年06月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

日本において、唯一の立法機関は、国会である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:国会

2014年06月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

下級裁判所の裁判官は、最高裁判所長官と違い、弾劾制度は、適用されない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:司法

2014年06月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

いづれかの議院の出席議員の3分の2以上の要求があれば、内閣は、特別会の召集を決定しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:国会

2014年06月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会の常会は、毎年1回、例年10月中に召集される。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:国会

2014年06月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院が解散されたときは、解散の日から40日以内に衆議院議員の総選挙を行い、その選挙の日の翌日から40日以内に国会を召集しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2014年06月20日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の裁判官の任命は、その任命後、初めて行われる国会議員選挙の際、国民に付される。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:司法

2014年06月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所であり、最高裁判所の長たる裁判所の任命は、天皇が行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:司法

2014年06月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

すべての裁判官は、その良心に従い、独立して、その職権を行い、日本国憲法のみに拘束される。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:司法

2014年06月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会は、毎会計年度の予算を作成し、内閣に提出して、その審議を受け、議決を経なければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:国会

2014年06月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣である国会議員を辞職した場合、原則、内閣総理大臣の地位を失う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:内閣

2014年06月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、毎会計年度の予算を作成し、国会に提出して、その審議を受け、議決を経なければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:内閣

2014年06月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

簡易裁判所の裁判官は、最高裁判所の指名した者の名簿によって、内閣でこれを指名する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:司法

2014年06月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、その他の国務大臣同様に文民でなければならず、かつ、その他の国務大臣同様に、国会議員でなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:内閣

2014年06月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣になるには、国会議員でなくてはならず、国会の議決にて、これを指名する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:内閣

2014年06月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣の認可がなければ、国務大臣は、その在任中、訴追されることはない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:内閣

2014年06月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

憲法改正を発議する場合、秘密会を開く場合及び議員の資格訴訟の裁判で、議員の資格を失わせる場合は、いずれも、出席議員の3分の2以上の賛成を必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:憲法改正

2014年06月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院は、各々院内の秩序を乱した議員を懲罰することができるが、議員を除名するには、出席議員の3分の2以上の多数による議決に加え、裁判所の審判が必要である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2014年06月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院で、可決された法律案について、参議院で、異なる議決をした場合、両院協議会を開くかどうかは任意である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2014年06月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

国会の召集の決定は、内閣によって、行われ、国会の召集は、天皇が行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:天皇

2014年06月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、栄典を授与することに関する国事行為をを内閣の助言と承認により、国民のために行い、内閣は、大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を決定することの事務を行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:天皇

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。