お知らせ

2014年05月30日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、外国の大使及び公使を接受すること、衆議院を解散することに関する国事行為をを内閣の助言と承認により、国民のために行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:天皇

2014年05月29日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、国会議員の総選挙の施行を公示することに関する国事行為を内閣の助言と承認により、国民のために行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2014年05月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権総論

何人も同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問われない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2014年05月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権総論

婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本としている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2014年05月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院議員の任期は、4年であるが、衆議院解散の場合には、その期間満了前に終了する。

参議院議員の任期は、6年であり、3年ごとに議員の半数を改選する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2014年05月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権総論

すべての刑事事件においては、被告人は、公平な裁判所の迅速な公開裁判を受ける権利を有し、刑事被告人は、いかなる場合にも、資格を有する弁護人を依頼することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2014年05月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権総論

何人も、その住居、書類及び所持品について、侵入、捜索及び押収を受けることのない権利は、第33条の場合を除いては、正当な理由に基いて発せられ、且つ捜索する場所及び押収する物を明示する令状がなければ、侵されず、侵入又は押収は、権限を有する司法官憲が発する各別の令状により行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2014年05月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権総論

何人も、正当な理由がなければ、拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ちに本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で示されなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2014年05月20日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権総論

何人も、現行犯として逮捕される場合は、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となっている犯罪を明示する令状がなくとも、逮捕することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2014年05月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権総論

すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負い、児童は、酷使してはならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2014年05月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判官の懲戒処分は、行政機関及び国民は行うことはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:司法

2014年05月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

政治犯罪、出版に関する犯罪又は日本国憲法第3章で保障する国民の権利が問題となっている事件の対審は、常にこれを公開しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:司法

2014年05月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判の対審及び判決は、常に公開法廷で行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:司法

2014年05月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

行政機関は、最高裁判所と同様に終審としても裁判を行うことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:司法

2014年05月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権総論

すべての国民は、勤労の義務を負う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2014年05月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:最高法規

日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:最高法規

2014年05月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院が解散されたときは、解散の日の翌日から40日以内に、衆議院議員の総選挙を行い、その選挙の日の翌日から10日以内に、国会を召集しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:国会

2014年05月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

予算について、参議院で衆議院と異なった議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は参議院が、衆議院の可決した予算を受け取った後、30日以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:国会

2014年05月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

法律及び政令には、すべて主任の国務大臣及び内閣総理大臣が署名し、各議院の議長が連署することを必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:内閣

2014年05月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

国会を召集することは、天皇の権能であり、予算を作成して国会に提出することは、内閣の権能である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:内閣

2014年05月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

予算を作成して国会に提出することは、内閣の権能であり、復権を決定することは、天皇の権能である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2014年05月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

常会と特別会は、併せて召集することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:国会

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ