お知らせ

2014年04月30日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権総論

婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持するよう努めなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2014年04月29日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権総論

国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならず、いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2014年04月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権総論

公務員の選挙については、国民による普通選挙を保障する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2014年04月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

国務大臣は、必ず与党の中から選ばなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 07:00 | 憲法:内閣

2014年04月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣は、法律の定めるところにより、その首長たる内閣総理大臣及びその他の国務大臣でこれを組織している為、内閣の組織について、内閣が独自に政令で定めることはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:内閣

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国務大臣の半数以上は、国会議員でなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:国会

2014年04月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

外交関係を処理することは、内閣の権能であり、条約を締結することは、天皇の権能である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:内閣

2014年04月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

国会及び国民に対し、定期に少なくとも、毎年1回以上、国の財政状況について、報告しなければならないのは、内閣総理大臣の権能である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:内閣

2014年04月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

特別裁判所は、司法権には属しない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:司法

2014年04月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

すべての裁判官は、その良心に従い、各裁判官と協力し合わなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:司法

2014年04月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所は、下級裁判所に関する規則を定める権限を下級裁判所に委任することはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 10:00 | 憲法:司法

2014年04月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣が国会議員の地位を失うと、原則、内閣総理大臣の地位も失う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:内閣

2014年04月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、衆議院を解散したと同時に内閣総理大臣の地位を失う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 10:00 | 憲法:内閣

2014年04月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

外交関係を処理することは内閣総理大臣の権能であり、外国の大使及び公使を接受することは、天皇の権能である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:内閣

2014年04月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

刑の執行の免除を決定することは、内閣の権能であり、刑の執行の免除を認証することは、天皇の権能である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:内閣

2014年04月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

国に緊急の必要があるときは、参議院の緊急集会を求めなければならないのは、内閣の権能である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:内閣

2014年04月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

下級裁判所裁判官の任命は、内閣の権能ではない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:内閣

2014年04月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院が内閣総理大臣の指名の議決をした後、国会休会中の期間を除いて10日以内に、参議院が、指名の議決をしないときは、衆議院の議決を国会の議決とし、また、参議院が、衆議院の可決した予算を受け取った後、国会休会中の期間を除いて30日以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 10:00 | 憲法:国会

2014年04月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

内閣総理大臣の指名に関して、衆議院の優越が認められ、予算の先議権についても、衆議院は認められている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 10:00 | 憲法:国会

2014年04月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院の議長の任命は、天皇の国事行為ではない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 10:00 | 憲法:国会

2014年04月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

特別裁判所は、設置することができず、行政機関は、裁判を行うことができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 10:00 | 憲法:司法

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。