お知らせ

2014年02月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会の常会及び臨時会の召集が、各々毎年1回であっても、日本国憲法上、問題はない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 06:00 | 憲法:国会

2014年02月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院は、各々国政に関する調査を行い、これに関して、記録の提出を要求することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:国会

2014年02月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院が解散した場合も参議院は、閉会せずに、会期は、継続するが、その間に可決された法律は、次の衆議院開会後10日以内に衆議院の同意が得られないときは、無効となる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:国会

2014年02月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院の議事は、日本国憲法に特別の定めがある場合を除いて、出席議員の過半数でこれを決するが、特別の定めのある場合とは、秘密会を開く場合があり、この場合、各議院の総議員の3分の2以上の賛成が必要である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:国会

2014年02月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院の議事は、日本国憲法に特別の定めがある場合を除いて、出席議員の過半数でこれを決するが、特別の定めのある場合とは、日本国憲法改正発議があり、この場合、各議院の総議員の3分の2以上の賛成が必要である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:国会

2014年02月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院の議事は、日本国憲法に特別の定めがある場合を除いて、出席議員の過半数でこれを決するが、特別の定めのある場合とは、秘密会を開く場合がある。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:国会

2014年02月20日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

地方公共団体は、法律の範囲内で、通達を発することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:地方自治

2014年02月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣は、国民に対し、定期に少なくとも毎年一回、国の財政状況について報告しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:内閣

2014年02月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

下級裁判所の裁判官は、最高裁裁判所の推薦した者の名簿によって、内閣が指名し、任命する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:内閣

2014年02月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、その他の国務大臣同様に文民でなければならず、かつ、衆議院議員でなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:内閣

2014年02月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣が内閣の代表者であることを日本国憲法は、明示している。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:内閣

2014年02月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、その他の国務大臣と対等な関係にある。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:内閣

2014年02月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有し、いかなる特権も伴わない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2014年02月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

幸福追求に対する国民の権利は、いかなる場合も立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 10:00 | 憲法:人権総論

2014年02月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

すべての者に、居住、移転及び職業選択の自由がある。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:人権総論

2014年02月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

すべての者には、外国に移住する自由はあるが、国籍を離脱する自由は、ない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:人権総論

2014年02月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

すべての者は、いかなる奴隷的拘束を受けない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2014年02月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正は、各議院の総議員の5分の4以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその許可を経なければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:憲法改正

2014年02月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

衆議院の解散は、天皇が行うが、参議院の助言と承認を必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:天皇

2014年02月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

内閣総理大臣の任命は、天皇が行うが、国会の指名を必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:天皇

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。