お知らせ

2013年11月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

国籍離脱の自由は、日本国憲法上、基本的人権として認められている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:人権総論

2013年11月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣は、毎年、予算を作成し、国会に提出し、その審議を受け、議決を経なければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:内閣

2013年11月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣は、国会及び国民に対し、毎年1回以上国の財政状況について、報告しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:内閣

2013年11月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国の収入の支出の決算は、特別会計以外は、毎年、会計検査院が検査し、内閣は、次の年度にその検査報告とともに、これを国会に提出しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:国会

2013年11月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会議員は、予算を作成し、国会へ提出する権利がない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:国会

2013年11月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

家庭裁判所は、過程事件や少年事件等の特別な事件を担当するが、特別裁判所には、属しない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | TrackBack(0) | 憲法:司法

2013年11月20日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の裁判官は、すべて定期に相当額の歳費を受ける。この歳費は、在任中、減額することができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 10:00 | 憲法:司法

2013年11月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の裁判官は、内閣の指名に基づき、天皇が任命する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:司法

2013年11月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

行政機関が前審として審判することを妨げない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:司法

2013年11月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の裁判官は、その長たる裁判官を最高裁判所長官とし、その他の裁判官を最高裁判所判事とし、最高裁判所判事の員数は、14人である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:司法

2013年11月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判官の懲戒処分は、行政機関が行うことはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 10:00 | 憲法:司法

2013年11月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

下級裁判所のうち高等裁判所の裁判官は、5年、高等裁判所以外の下級裁判所の裁判官は、10年の任期とし、再任されることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:司法

2013年11月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

下級裁判所の裁判官は、法務省から提出された名簿により、内閣でこれを任命する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:司法

2013年11月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権総論

何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されないし、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:人権総論

2013年11月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

政治犯罪、出版に関する犯罪又はこの憲法第3章で保障する国民の権利が問題となっている事は、裁判官の全員一致で決した場合であっても、非公開で対審を行うことはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:人権総論

2013年11月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

法律案は、衆議院の先議権は、認められていない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2013年11月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会の召集の決定は、内閣によって行われるが、国会の召集は、内閣は行わない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2013年11月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

予算について、参議院で衆議院と異なった議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の委員会を開いても意見が一致しないとき、又は参議院が、衆議院の可決した予算を受け取った後、国会休会中の期間を除いて30日以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:国会

2013年11月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

衆議院議員の総選挙の施行を公示することは、天皇の国事行為である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:天皇

2013年11月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院の各々その総議員の過半数の出席がなければ、議事を開き、議決することはできない。

両議院の議事は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、出席議員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:国会

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ