お知らせ

2013年10月31日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

国会議員の総選挙の施行を公示することは、天皇の国事行為であり、当該行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣がその責任を負う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:天皇

2013年10月30日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正について、国民の承認を得る方法としては、特別の国民投票の他に国会の定める選挙の際、行われる投票がある。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:憲法改正

2013年10月29日

〜行政書士練習問題〜 憲法:改正

憲法改正を発議する場合、各議院の3分の2以上の賛成を必要とするのは、総議員のうちである。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:憲法改正

2013年10月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院は、総議員の4分の3以上の多数で議決したときは、秘密会を開かなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 憲法:国会

2013年10月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣、その他国務大臣は、両議院の一に議席を有している場合は、何時も議案について、発言するために議院に出席することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:内閣

2013年10月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院の議事は、必ず、出席議員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによらなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:国会

2013年10月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

現在、衆議院の総議員の120人以上の要求があれば、内閣は、臨時会の召集を決定しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:内閣

2013年10月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

すべての裁判官は、その良心に従い、独立して、その職権を行い、憲法のみに拘束される。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:司法

2013年10月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

行政機関は、最高裁判所より、委任を受ける場合以外は、終審として裁判を行うことができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:司法

2013年10月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、国務大臣を任命するが、その過半数は、国会議員でかつ文民でなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:内閣

2013年10月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇の国事に関する行為は、天皇自らが主賓として行う行為以外は、内閣の助言と承認を必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:天皇

2013年10月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、内閣の承認の下に基かなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:天皇

2013年10月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

参議院議員の任期は、6年とし、3年ごとに議員の半数を改選、3選は禁止されている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2013年10月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院で可決し、参議院でこれと異なった議決をした法律案は、衆議院で出席議員の3分の2以上の多数で再び可決したときは、法律となるが、現在の衆議院において、出席者が420人の場合、280人以上の多数で、再び可決したときは、法律となる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 憲法:国会

2013年10月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

すべて国民は、個人として尊重され、生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、いかなる場合も、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:人権総論

2013年10月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

日本国憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、将来の国民に与えられる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:人権総論

2013年10月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有し、国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:人権総論

2013年10月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。

この指名は、他のすべての案件に先だって行い、衆議院議長から、内閣を経由してこれを奏上する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:内閣

2013年10月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院の議員は、院外における現行犯罪の場合を除いては、国会の会期中その院の許諾がなければ逮捕されなず、会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、会期中これを釈放しなければならない。
 
なお、議員が、会期前に逮捕された議員の釈放の要求を発議するには、議員10人以上の連名で、その理由を附した要求書をその院の議長に提出しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2013年10月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織され、現在、両議院の議員の定数は、衆議院は、484、参議院は、242である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2013年10月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所は、訴訟に関する手続、弁護士、裁判所の内部規律及び司法事務処理に関する事項について、規則を定める権限を有する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 10:00 | 憲法:司法

2013年10月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

国会は、毎会計年度の予算を作成し、内閣に提出して、その審議を受け議決を経なければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:内閣

2013年10月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

現在、参議院において、出席議員が240人の場合、150人以上で議決したときは、秘密会を開くことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:国会

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ