お知らせ

2013年08月30日

〜行政書士練習問題〜 憲法:前文

日本国憲法前文において、『われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従うことは、自国の平和を維持し、他国と対等関係に立とうとする各国の責務であると信ずる。日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。』と書かれている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:前文

2013年08月29日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、内閣の助言と認可により、国民のために、国会を召集すること、国会議員の総選挙の施行を公示すること及び憲法改正、法律、政令及び条約を公布することを行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:天皇

2013年08月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、国会を召集すること、国会議員の総選挙の施行を公示すること及び国務大臣及び大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を決定することを行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:天皇

2013年08月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判の判決は、必ず、公開で行わなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:司法

2013年08月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判所が、裁判官の4分の3以上の多数で、公の秩序又は善良の風俗を害する虞があると決した場合には、対審は、公開しないでこれを行うことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:司法

2013年08月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

国務大臣は、答弁又は説明のため、出席を求められたとき、内閣総理大臣の同意の下、議院に出席しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:内閣

2013年08月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣の認可がなければ、国務大臣は、その在任中、訴追されない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:内閣

2013年08月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

国務大臣は、その在任中、内閣総理大臣の承認がなければ、訴追されない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:内閣

2013年08月20日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇の国事に関するすべての行為には、国会の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:天皇

2013年08月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:前文

日本国憲法前文において、『われらは、いずれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従うことは、自国の権威を維持し、他国と対等関係に立とうとする各国の責務であると信ずる。』と書かれている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:前文

2013年08月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、皇室典範 の定めるところにより行わなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:天皇

2013年08月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

皇位は、世襲のものであって、内閣が定めるところにより、これを継承する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:天皇

2013年08月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、内閣が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:憲法改正

2013年08月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正について、国民の承認を得るためには、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その4分の3以上の賛成を必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:憲法改正

2013年08月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の裁判官は、その良心に従い独立してその職権を行い、この憲法及び法律にのみ拘束され、下級裁判所の裁判官は、その良心に従い協力してその職権を行い、この憲法及び法律にのみ拘束される。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:司法

2013年08月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、すべての法律及び政令に署名することを必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:内閣

2013年08月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

高等裁判所及び最高裁判所の裁判官は、その任命後、初めて行われる衆議院議員総選挙の際、国民の審査に付される。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:司法

2013年08月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、閣議の決定を経ずに、任意に国務大臣を罷免することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:内閣

2013年08月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院は、その総議員の過半数の出席がなければ、議事を開き、議決することができず、又、参議院は、その総議員の3分の1以上の出席がなければ、議事を開き、議決することができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 憲法:国会

2013年08月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

内閣総理大臣の指名について、両議院が異なる議決をした場合、特別会を開いても、意見が一致しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2013年08月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の裁判官が罷免されるのは、国民審査の場合のみである。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:司法

2013年08月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、その他の国務大臣同様に文民でなければならず、かつ、国会議員でなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:内閣

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ