お知らせ

2013年07月31日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会の常会は、毎年1回召集されるが、いずれかの議院の総議員の4分の1以上の要求があれば、内閣は特別会の召集を決定しなければらない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:国会

2013年07月30日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院の先議権が憲法上認められているのは、予算及び憲法改正の発議及び内閣総理大臣の決定である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2013年07月29日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、日本国憲法の定める国事に関する行為の他、内閣の事前承認の下、一定の国政に関する権能を持つことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:天皇

2013年07月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:前文

日本国憲法前文において、『われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。』と書かれている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:前文

2013年07月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:前文

日本国憲法前文において、『日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公平と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。』と書かれている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:前文

2013年07月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:前文

日本国憲法前文において、『これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。』と書かれている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 憲法:前文

2013年07月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:前文

日本国憲法前文において、『そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その主権は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。』と書かれている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:前文

2013年07月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:前文

日本国憲法前文において、『日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し、ここに権力が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。』と書かれている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:前文

2013年07月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院の会議は、原則、公開とするが、出席議員の4分の3の多数で議決したときは、秘密会を開くことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:国会

2013年07月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

いづれかの議院の総議員の3分の2の要求があれば、内閣は、臨時会の召集を決定しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:内閣

2013年07月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会議員は、予算を作成し、国会へ提出する権利はない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2013年07月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院は、それぞれの出席議員の3分の2以上の多数による議決がなければ、院内の秩序をみだした議員を除名することはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2013年07月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣は、条約の締結を行う場合、事後に国会の承認を経ることが必要である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 10:00 | 憲法:内閣

2013年07月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣が欠けたとき、内閣は、総辞職をしなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:内閣

2013年07月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の裁判官は、内閣が定める年齢に達したときに退官する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:司法

2013年07月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

参議院の緊急集会を求めるのは、内閣総理大臣の権能である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:内閣

2013年07月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院で可決された後、参議院で否決された法律案は、衆議院で総議員の過半数で再び可決したときには、法律となる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2013年07月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

下級裁判所には、高等裁判所、地方裁判所、家庭裁判所が含まれている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:司法

2013年07月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

下級裁判所の裁判官は、最高裁判所の指名した名簿により、内閣が指名するが、最高裁判所の長たる裁判官以外の裁判官についても、最高裁判所の指名した名簿により、内閣が指名する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:司法

2013年07月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の裁判官は、国民審査において、4分の1以上当該裁判官の罷免を可とするときは、罷免となる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:司法

2013年07月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

国務大臣は、その在任中、各議院の同意がなければ、訴追されない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:内閣

2013年07月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、国務大臣を罷免するときは、事後に国会の承認を得なければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:内閣

2013年07月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、日本国憲法の規定上では、内閣の代表者であることを明記されている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:内閣

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。