お知らせ

2013年04月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣は、下級裁判所に関する規則を定める権限を、最高裁判所に委任することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:内閣

2013年04月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

検察官は、法務省の定める規則に従わなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 憲法:司法

2013年04月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院で可決し、参議院でこれと異なった議決をした法律案は、衆議院で出席議員の3分の2以上の多数で再び可決したときは、法律となる。

また、参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取った後、国会休会中の期間を除いて60日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:国会

2013年04月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院は、各々その議員の資格に関する争訟を裁判することができるが、議員の議席を失わせるには、出席議員の3分の2以上の多数による議決を必要とする。

また、議院の会議は、公開とするが、出席議員の3分の2以上の多数で議決したときは、秘密会を開くことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:国会

2013年04月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院で可決し、参議院でこれと異なった議決をした法律案は、衆議院で出席議員の3分の2以上の多数で再び可決したときは、法律となる。

また、両議院は、各々その会議その他の手続及び内部の規律に関する規則を定め、又、院内の秩序をみだした議員を懲罰することができるが、議員を除名するには、出席議員の3分の1以上の多数による議決を必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 憲法:国会

2013年04月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会の常会は、毎年1回召集する。

また、内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができ、いづれかの議院の総議員の3分の2以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 憲法:国会

2013年04月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院議員の任期は、4年とするが、衆議院解散の場合には、その期間満了前に終了し、参議院議員の任期は、6年とし、2年ごとに議員の3分の1を改選する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:国会

2013年04月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、30日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。

また、衆議院と参議院とが異なった指名の議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は衆議院が指名の議決をした後、国会休会中の期間を除いて10日以内に、参議院が、指名の議決をしないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:内閣

2013年04月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、内閣を代表して議案を国会に提出し、一般国務及び外交関係について国会に報告し、並びに行政各部を指揮監督する。

また、内閣総理大臣は、国務大臣を任命するが、その5分の4以上は、国会議員の中から選ばれなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:内閣

2013年04月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

予算について、参議院で衆議院と異なった議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は参議院が、衆議院の可決した予算を受け取った後、10日以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:国会

2013年04月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院は、各々その総議員の3分の1以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない。

また、両議院の会議は、公開とするが、出席議員の3分の1以上の多数で議決したときは、秘密会を開くことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:国会

2013年04月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、指名するが、衆議院と参議院とが異なった指名の議決をした場合には、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は衆議院が指名の議決をした後、国会休会中の期間を除いて40日以内に、参議院が、指名の議決をしないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:内閣

2013年04月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院の議員及びその選挙人の資格は、人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によって差別してはならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:国会

2013年04月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

下級裁判所の裁判官の報酬は、在任中、これを減額することができるが、最高裁判所の裁判官は、減額することができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:司法

2013年04月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

会計検査院は、国会及び国民に対し、定期的に国の財政状況を報告しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 憲法:財政

2013年04月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

下級裁判所の裁判官は、定年が設けられているが、最高裁判所の裁判官には、定年は設けられていない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:司法

2013年04月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣その他国務大臣は、文民でなければならず、また、国務大臣の過半数は、国会議員でなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:内閣

2013年04月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、国務大臣を任命するが、その過半数は、文民から選ばれなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:内閣

2013年04月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

参議院議員の任期は、8年とし、4年ごとに議員の半数を改選する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:国会

2013年04月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院の議員は、議員で行った演説、討論または表決について、院外で責任を問われない。 

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:国会

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。