お知らせ

2013年03月29日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院は、秘密会の場合を除いて、会議の記録及び各議員の表決を公表しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2013年03月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院が解散されたときは、参議院は、同時に閉会となる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:国会

2013年03月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

衆議院が解散された場合、国に緊急の必要があるときは、内閣は参議院の緊急集会を求めることができる。

ただし、緊急集会において採られた措置は、臨時のものであって、次の国会開会の後10日以内に、衆議院の同意がない場合には、その効力を失う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:内閣

2013年03月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣は、憲法及び法律の規定を実施するために、政令及び省令を制定することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:内閣

2013年03月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取った後、国会休会中の期間を除いて、60日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:国会

2013年03月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

国務大臣の2分の1以上の者は、衆議院議員のうちから選ばなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:内閣

2013年03月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院が解散したときは、解散の日から40日以内に衆議院議員の総選挙を行い、その選挙の日から20日以内に国会を召集しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 憲法:国会

2013年03月20日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣は、衆議院の解散に伴い、衆議院が閉会となった場合において、国に緊急の必要があるときは、参議院の緊急集会を求めることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 憲法:内閣

2013年03月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣は、いずれかの議員の総議員の4分の1以上の要求がなければ、臨時会の召集を決定することができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:内閣

2013年03月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

衆議院の解散中に参議院議員の総数の4分の1以上の要求があれば、内閣は、参議院の緊急集会の召集を決定しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 憲法:内閣

2013年03月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:改正

憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならず、この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:憲法改正

2013年03月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:改正

憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:憲法改正

2013年03月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:改正

憲法改正について国民の承認を経たときは、内閣は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:憲法改正

2013年03月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:改正

憲法改正には、国民の承認が必要である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:憲法改正

2013年03月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:改正

憲法の改正は、各議院の総議員の5分の4以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:憲法改正

2013年03月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

地方公共団体の長は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:地方自治

2013年03月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の議会の同意を得れば、国会は、これを制定することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:地方自治

2013年03月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

一の地方公共団体のみに適用される特別法は、国会の議決のみで制定することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:地方自治

2013年03月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意があれば、国会は、これを制定することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:地方自治

2013年03月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

大日本帝国憲法には、地方自治について、規定した条項が設けられていたが日本国憲法は、更に地方自分治に制度的保障を与えた。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:地方自治

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ