お知らせ

2012年12月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(自由権)

市体育館の建設に当たって、市が挙行した地鎮祭は、宗教との関わりを持ち、その目的がもっぱら、世俗的なものであっても憲法が禁止する宗教的活動に当たる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:人権各論

2012年12月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(自由権)

労働者の採否決定に当たり、企業者が労働者の思想及び信条を調査し、そのためこの者からこれに関連する事項について申告を求めることは、思想及び良心の自由に反し、違憲である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:人権各論

2012年12月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権総論

基本的人権の保障は、日本国民のみならず、わが国に在留する外国人に対しても等しく及ぶものである。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:人権各論

2012年12月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(社会権)

憲法は、教育を受ける権利を保障するため、義務教育における授業料のほか、教科書の費用も無償であることを求めている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:人権各論

2012年12月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(国民の義務)

日本国憲法において、勤労の義務、納税の義務、選挙権の行使の義務は、国民等の義務として、明文で規定されている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 憲法:人権各論

2012年12月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(社会権)

教育を受ける権利は、教育を受ける機会の均等を内容とするものであるため、能力によって、差別することは許されない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 憲法:人権各論

2012年12月20日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(社会権)

教育を受ける権利とは、国民が義務教育を受ける権利のことをいう。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:人権各論

2012年12月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(社会権)

義務教育は、無償とするとの規定は、授業料その他教育に必要な一切の費用を無償としなければならないとすることまでを定めたものではない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 憲法:人権各論

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権総論

検閲は、公共の福祉を理由として、認められる場合がある。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:人権総論

2012年12月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(社会権)

日本国憲法第25条は、すべての国民が健康で文化的な最低限度の生活を営み得るよう国政を運用すべきことを国家の責務として宣言したものである。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:人権各論

2012年12月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(社会権)

日本国憲法で保障される健康で文化的な最低限度の生活の水準の具体的内容は、文化の発達、国民経済の進展に伴って、向上するのはもとより、多数の不確定要素を総合考慮してはじめて決定できる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:人権各論

2012年12月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(自由権)

何人も、実行の時に適法であった行為については、刑事上の責任を問われない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:人権各論

2012年12月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(自由権)

何人も、権限を有する司法官憲が発し、かつ、理由となっている犯罪を明示する令状によらなければ、いかなる場合も逮捕されない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 憲法:人権各論

2012年12月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(自由権)

刑事被告人は、公費で、自己のために強制的な手続きにより証人を求める権利を有する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:人権各論

2012年12月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(自由権)

何人も自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:人権各論

2012年12月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(自由権)

政治犯罪に関する事件については、裁判官の全員一致で決した場合は、非公開で対審を行うことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:人権各論

2012年12月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(自由権)

何人も、抑留又は拘禁された後、無罪の裁判を受けたときは、法律の定めるところにより、国にその補償を求めることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:人権各論

2012年12月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(自由権)

何人も、法律の定める手続きによらなければ、その生命若しくは自由を奪われ、又はその他の刑罰を科せられない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:人権各論

2012年12月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(自由権)

税関検査は、事前に発表そのものを禁止するものではないが、国民が思想、情報を受領する前に思想内容等を審査するものであるから、知る権利を害し、許されない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権各論

2012年12月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

地方公共団体は、その財産を管理し、事務を処理し、及び行政を執行する権能を有する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:地方自治

2012年12月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

地方公共団体の組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基づいて、条例でこれを定める。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:地方自治

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ