お知らせ

2012年11月30日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

地方公共団体の議会の議員は、間接選挙によっても選ぶことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:地方自治

2012年11月29日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

内閣は、国会及び国民に対し、定期に、少くとも毎年1回、国の財政状況について報告しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:財政

2012年11月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

国費を支出し、又は国が債務を負担するには、内閣が決める。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:財政

2012年11月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

すべて皇室の費用は、予算に計上して国会の議決を経なければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:財政

2012年11月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

国会議員にも予算を作成し、国会へ提出する権利がある。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:財政

2012年11月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

法律で、国費の支出を要する行為が定められている場合であっても、それらの行為に伴って、国費を支出するには、国会の議決に基づくことを必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:財政

2012年11月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

公金は、公の支配に属しない慈善、教育又は博愛の事業に対し、支出してはならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:財政

2012年11月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

予見し難い予算の不足に充てる為、予算には、予備費を計上しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:財政

2012年11月20日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

国が債務を負担するには、国会の議決に基づくことを必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:財政

2012年11月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

会計検査院は、毎年国の収入支出の決算を検査し、次の年度に決算の検査報告とともに決算を国会に提出しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:財政

2012年11月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

新たに租税を課すには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:財政

2012年11月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

すべて皇室の費用は、予算に計上することを要しないが、別に国会の議決を経なければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:財政

2012年11月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

内閣は、災害等緊急の必要があるときは、予算によることなく、政令によって、財政上、必要な処分をすることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:財政

2012年11月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の裁判官の任命は、その任命後初めて行われる参議院議員の通常選挙又は衆議院議員の総選挙の際に、国民の審査に付される。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:司法

2012年11月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判の判決は、公開法廷でこれを行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:司法

2012年11月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の裁判官の報酬は、在任中、これを減額することができないが、下級裁判所の裁判官の報酬は、在任中、これを減額することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:司法

2012年11月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(自由権)

文部科学大臣が教科書検定を行うことは、不合格とされた図書が一般図書として発行されることを何ら妨げるものではなく、発表禁止目的や発表前の審査などの特質がないから、検閲には当たらない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:人権各論

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

下級裁判所の裁判官は、最高裁判所の指名した者の名簿によって、内閣でこれを任命する。その裁判官は、任期を20年とし、再任されることができる。

但し、法律の定める年齢に達した時には退官する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:司法

2012年11月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(自由権)

報道機関の報道は、国民が国政に関与するための重要な判断の資料を提供し、国民の知る権利に奉仕するものであるから、取材の自由が公正な裁判の実現のために何ら制約を受けることはない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:人権各論

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所は、訴訟に関する手続、弁護士、裁判所の内部規律及び司法事務処理に関する事項について、規則を定める権限を有する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:司法

2012年11月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(自由権)

裁判所が他人の名誉を毀損した者に対して、謝罪広告を新聞紙上に掲載するよう命ずることは、意思表明の公表を強制するもので、憲法第19条に違反する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 憲法:人権各論

2012年11月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(包括的人権)

私生活をみだりに公開されない権利が法的に救済されるための要件の1つとして、公開された内容が一般の人々にいまだ知られていない事項であることが必要とされる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権各論

2012年11月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(包括的人権)

名誉を違法に侵害された者は、人格権として名誉権に基づき、将来生ずべき侵害を防止するため、侵害行為の差止めを求めることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権各論

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。