お知らせ

2012年10月31日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(包括的人権)

何人も、その承諾なしにみだりにその容ぼう、姿態を撮影されない自由を有するが、警察官による撮影は、証拠保全の必要性があれば、その撮影の方法を問わず、許容される。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権各論

2012年10月30日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権総論

国家公務員は、一般職と特別職に分けられるが、前者に対して政治的行為を禁止することはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:人権総論

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(包括的人権)

喫煙の自由は、基本的人権に含まれるとしても、あらゆる時、所において保障されなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:人権各論

2012年10月29日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権総論

外国人は、日本国憲法の定める基本的人権の共有主体ではない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:人権総論

2012年10月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

決算は、予算の場合と、同様に、先に衆議院に提出しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:財政

2012年10月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権総論

基本的人権は、自然人について認められるものであるから、法人は、日本国憲法の定める基本的人権の享有主体ではない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:人権総論

2012年10月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正は、各議員の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が発議する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:憲法改正

2012年10月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正について、国民の承認を経たときは、内閣総理大臣は、直ちにこれを公布する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:憲法改正

2012年10月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

会計検査院は、毎年、国の収入、支出の決算を検査し、内閣は、次の年度にその検査報告とともに、決算を国会に提出しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:財政

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正について、国民の承認を得るには、特別の国民投票において、その3分の2以上の賛成が必要である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:憲法改正

2012年10月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正について、両議院の意見が一致しない場合には、衆議院の議決が国会の発議となる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:憲法改正

2012年10月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

内閣は、国会及び国会に対し、定期に少なくとも毎年2回、国の財政状況について報告しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:財政

2012年10月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇の国事に関する行為は、内閣の助言と承認を必要とし、天皇は、その行為の責任を負わない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:天皇

2012年10月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、国会の承認を経て、条約を締結する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:天皇

2012年10月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、内閣の助言と承認により、参議院を解散する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:天皇

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、世襲のものであって、皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:天皇

2012年10月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、日本国憲法の定める国事に関する行為のみを行い、国政に関する機能を有しない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:天皇

2012年10月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:天皇

2012年10月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、内閣の指名に基づいて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:天皇

2012年10月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

いずれかの議院の総議員の4分の1以上の要求があり、議長の承認を得ることで、内閣は、臨時会の召集を決定しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権(自由権)

災害を未然に防止するため、条例で補償なしに財産権の行使を制限しても、憲法には違反しない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:人権各論

2012年10月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、日本国の象徴であり、日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 10:00 | 憲法:天皇

2012年10月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の裁判官は、公の弾劾により罷免されるが、下級裁判所の裁判官には、弾劾制度は、適用されない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:司法

2012年10月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

罷免の訴追を受けた裁判官の裁判は、衆議院議員で組織する弾劾裁判所において行われる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:司法

2012年10月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

下級裁判所の裁判官は、最高裁判所の指名した者の名簿によって、内閣でこれを任命する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:司法

2012年10月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の裁判官は、内閣が任命する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:司法

2012年10月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判の対審及び判決は、すべて、公開法廷でこれを行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 憲法:司法

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。