お知らせ

2012年04月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正について、国民の承認を得る為の投票は、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、行われなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:憲法改正

2012年04月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正について、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならず、国民の承認を経たときは、内閣総理大臣は、国民の名で、速やかに公布する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 06:00 | 憲法:憲法改正

2012年04月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

下級裁判所の裁判官については、国民審査の制度がない為、両議院の議員で組織する審査委員会で、審査に付される。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:司法

2012年04月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

罷免の訴追を受けた裁判官の裁判は、両議院の議員で組織する特別裁判所で行われる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:司法

2012年04月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

秘密会を開くとき、議員を除名するときは、出席議員の3分の2以上の多数による議決を必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:前文

2012年04月20日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

憲法改正の発議をするとき、条約の締結の承認をするときは、各議院の総議員の3分の2以上の賛成が必要である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:国会

2012年04月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

家庭裁判所、簡易裁判所及び特別裁判所は、下級裁判所に含まれる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:司法

2012年04月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣を除く国務大臣の4分の3以上が辞職した場合、内閣は、総辞職しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 06:00 | 憲法:内閣

2012年04月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、その他の国務大臣同様に文民かつ国会議員でなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:内閣

2012年04月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

臨時会の召集権は、内閣にあるが、いずれかの議院の出席議員の4分の1以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 06:00 | 憲法:国会

2012年04月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

外交関係の処理を行うのは、内閣であり、批准書の認証を行うのは、天皇である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:天皇

2012年04月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、閣議の承認を経ずに、任意に国務大臣を罷免することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:内閣

2012年04月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

日本国憲法において、外交関係を処理すること、参議院の緊急集会を求めることは、内閣の権能であるが、大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証することは、内閣の権能とはされていない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 07:00 | 憲法:内閣

2012年04月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、内閣の助言と承認により大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を決定することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:天皇

2012年04月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行い、国政に関する権能を有しないが、天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を代理することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 05:00 | 憲法:天皇

2012年04月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会の常会は、毎年1回のみ召集することで何等支障はない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 06:00 | 憲法:国会

2012年04月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会の召集は、内閣が決定し、内閣総理大臣が内閣を代表して行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 07:50 | 憲法:国会

2012年04月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院が解散したときに、参議院の緊急集会において採られた措置は、臨時のものであって、次の国会開会の後、30日以内に衆議院の同意がない場合には、その効力を失う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 08:09 | 憲法:国会

2012年04月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院は、各々国政に関する調査を行い、これに関して、証人の出頭及び逮捕並びに物品の押収を要求することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 08:06 | 憲法:国会

2012年04月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、法律の定めるところに従い、国務大臣を罷免することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 07:37 | 憲法:内閣

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。