お知らせ

2011年06月29日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、申請に対する処分であって、申請者以外の者の利害を考慮すべき場合は、公聴会の開催その他適当な方法により、当該申請者以外の者の意見を聞く機会を設けるよう努めなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、申請により、求められた許認可等に対する処分をする場合は、あらかじめ審査基準を定め、これを公にしておくよう努めなければらない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

2011年06月27日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、申請により、求められた許認可を拒否する処分をする場合は、申請者に対し、当該処分の理由を示さなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 行政手続法

2011年06月24日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、申請がその事務所に到達したときに、遅滞なく当該申請の審査を開始しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

2011年06月23日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

審査基準を定めることは、行政庁の努力義務である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

2011年06月22日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、適当な方法により、すべての審査基準を公にしておかなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 行政手続法

2011年06月21日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

標準処理期間の進行開始時点は、行政庁が申請を正式に受理した時点から進行する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

2011年06月20日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政庁は、申請がその事務所に到達してから当該申請に対する処分をするまでに、通常要すべき標準的な期間を定めるようにしなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 行政手続法

2011年06月17日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政手続法は、行政処分、行政指導、届出、意見公募手続き等について、一般的規律を定める方であるが、他の法律に特別の手続き規定を設けた場合は、その特別規定が優先される。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 行政手続法

2011年06月16日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政手続法は、平成13年4月1日に施行された。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 行政手続法

2011年06月15日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政手続法は、地方公共団体の行政指導には、適用されない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 行政手続法

2011年06月14日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

地方公共団体の機関がする処分のうち、その根拠となる規定が条例又は規則に置かれているものについても、行政手続法の処分に関する手続の規定は、適用される。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

2011年06月13日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

公務員に対して、その職務又は身分に関して、行われる不利益処分については、行政手続法の適用はない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 行政手続法

2011年06月10日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政手続き上の申請のうち、行政庁が、許否の応答を義務づけられるのは、許可あるいは認可を求めるのみに限られる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 行政手続法

2011年06月09日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

補助金の交付申請は、法令に基づかない申請であっても、行政手続上の申請とみなされる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 行政手続法

2011年06月08日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政手続法が規定する事項について、他の法律に特別の定めがある場合は、その定めるところによる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

2011年06月07日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

行政手続法は、その第1条で、行政運営における公正、透明の原則と並んで、説明責任を明示している。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 行政手続法

2011年06月06日

〜行政書士練習問題〜 行政手続法

現在、行政手続法の条文総数は、48か条である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 行政手続法

2011年06月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

東京都の特別区は、特別地方公共団体の一種であるが、東京都自体は、普通地方公共団体である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

2011年06月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の臨時会の招集を行うのは、議長である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:地方自治

2011年06月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

市町村は、条例で議会を置かず、選挙権を有する者の総会を設けることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。