お知らせ

2011年04月29日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体は、公の施設の利用に関し、条例で10万円以下の過料を科する規定を設けることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:地方自治

2011年04月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体は議会において、出席議員の4分の3以上の同意を得れば、公の施設の長期かつ独占的な利用をさせることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 憲法:地方自治

2011年04月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

中核市は、特別地方公共団体に含まれる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

2011年04月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

総務大臣は、公益上必要がある場合においては、関係のある市町村及び特別区に対し、一部事務組合又は広域連合を設けるべきことを勧告することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 憲法:地方自治

2011年04月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

地方公共団体の組合には、一部事務組合、広域連合、全部事務組合及び役場事務組合の4種類がある。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:地方自治

2011年04月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

金銭の給付を目的とする普通地方公共団体の権利は、時効に関し、他の法律に定めがあるものを除くほか10年間これを行わないときは、時効により消滅する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:地方自治

2011年04月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体は、地方債を起こす以外の方法で、借入れをすることはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 憲法:地方自治

2011年04月20日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の出納は、その年度の4月30日をもって閉鎖する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

2011年04月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 憲法:地方自治

2011年04月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

地方公共団体は、予算外の支出が必要な場合には、必ず追加の補正予算を組まなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

2011年04月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の支出の原因となるべき契約その他の行為(これを支出負担行為という。)は、条例の定めるところに従い、これをしなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

2011年04月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

法律又はこれに基づく政令により普通地方公共団体に対し事務の処理を義務付ける場合においては、国は、そのために要する経費の財源につき必要な措置を講じるよう努めなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

2011年04月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体は、その公益上必要がある場合においては、寄附又は補助をすることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:地方自治

2011年04月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

条例は、条例に特別の定があるものを除く外、公布の日から起算して10日を経過した日から、これを施行する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:地方自治

2011年04月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議会の議長は、条例の制定又は改廃の議決があったときは、その日から10日以内にこれを当該普通地方公共団体の長に送付しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

会計管理者は、普通地方公共団体の長の政令で定めるところによる命令がなければ、支出をすることができない。

また、会計管理者は、当該命令を受けた場合においても、当該支出負担行為が法令又は予算に違反していないこと及び当該支出負担行為に係る債務が確定していることを確認したうえでなければ、支出をすることができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:25 | 憲法:地方自治

2011年04月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の長は、退職しようとするときは、その退職しようとする日前、都道府県知事にあっては60日、市町村長にあっては50日までに、当該普通地方公共団体の議会の議長に申し出なければならない。但し、議会の同意を得たときは、その期日前に退職することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:地方自治

2011年04月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の長は、常勤の職員と兼ねることはできないが、短時間勤務職員と兼ねることはできる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:地方自治

2011年04月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の長の任期は、6年とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:地方自治

2011年04月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

会計管理者は、議会の政令で定めるところによる命令がなければ、支出をすることができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

2011年04月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の長は、分担金、使用料、加入金又は手数料の徴収に関する処分についての審査請求又は異議申立てがあったときは、議会に諮問してこれを決定しなければならない。 議会は、諮問があった日から30日以内に意見を述べなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 07:27 | 憲法:地方自治

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ