お知らせ

2011年02月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議会の議員は、地方公共団体の議会の議員及び非常勤の職員と兼ねることはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:地方自治

2011年02月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議会は、議長又は議員3人以上の発議により、出席議員の4分の3以上の多数で議決したときは、秘密会を開くことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:地方自治

2011年02月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

議会の議長及び議員は、自己の一身上に関する事件または自己の従事する業務に直接関係のある事件については、原則として、その議事に参与することはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:地方自治

2011年02月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議会の議員が議会に議案を提出するに当たっては、議会の定数の10分の1以上の者の賛成がなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:地方自治

2011年02月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議会は、当該普通地方公共団体の公益に関する事件につき意見書を国会又は関係行政庁に提出することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 憲法:地方自治

2011年02月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議会の議員は、予算につき、議会に議案を提出することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:地方自治

2011年02月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の長は、退職しようとするときは、その退職しようとする日前、都道府県知事にあっては20日、市町村長にあっては30日までに、当該普通地方公共団体の議会の議長に申し出なければならない。但し、議会の同意を得たときは、その期日前に退職することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

2011年02月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

副知事及び副市町村長は、検察官、警察官若しくは収税官吏又は普通地方公共団体における公安委員会の委員と兼ねることができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

2011年02月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

副知事及び副市町村長の任期は、6年であるが、普通地方公共団体の長は、任期中においてもこれを解職することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

2011年02月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

副知事及び副市町村長は、普通地方公共団体の長が議会の同意を得ずに選任することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:地方自治

2011年02月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議会に請願しようとする者は、3人以上の議員の紹介により、出席議員の3分の2以上の多数で議決された後に、請願書を提出しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:地方自治

2011年02月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

収入のうち、分担金に関する事項については、条例で、使用料、加入金及び手数料に関する事項については、規則で定めなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

2011年02月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体においては、3人以上の会計管理者を置かなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

2011年02月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

地方債の起債の目的及び限度額に関する事項と条例で定めなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:地方自治

2011年02月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の会計は、普通会計と特別会計とに区分される。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:地方自治

2011年02月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議会の特別委員会の設置に関する事項は、条例で、定めなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:地方自治

2011年02月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

条例案の提出権は、普通地方公共団体の長のみが有する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:地方自治

2011年02月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

会計管理者の設置に関する事項は、条例で定めなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:地方自治

2011年02月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議会の議長及び副議長は、議会の許可を得ることによってのみ、辞職することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:地方自治

2011年02月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議会のうち定例会は、毎年3回以内において、規則で定める回数これを招集しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:地方自治

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。