お知らせ

2011年01月31日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

副知事及び副市町村長は、普通地方公共団体の長が議会の同意を得ずに選任することはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 22:00 | 憲法:地方自治

2011年01月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

副知事及び副市町村長は、普通地方公共団体の長が議会の同意を得ずに選任するができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:地方自治

2011年01月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の長は、規則で、都道府県にあっては、支庁(道にあっては支庁出張所を含む。)及び地方事務所、市町村にあっては支所又は出張所を設けることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 22:00 | 憲法:地方自治

2011年01月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議会に請願しようとする者は、2人以上の議員の紹介が必要である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:地方自治

2011年01月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議会に請願しようとする者は、議員の紹介により、請願書を提出しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:地方自治

2011年01月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議会の特別委員会の設置に関する事項は、条例で定めなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:地方自治

2011年01月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議会は、条例で常任委員会を必ず設置しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

2011年01月20日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議会の議長は、自らが所属する常任委員会でない委員会に出席し、発言することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:地方自治

2011年01月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の臨時会は、普通地方公共団体の長がこれを招集する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

2011年01月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議会は、議長が招集する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

2011年01月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

町村は、議会を設置せず、選挙権を有する者の総会をもって、これに代える旨の条例を制定することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:地方自治

2011年01月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

住民は、その属する普通地方公共団体のあらゆる条例について、条例制定又は改廃の請求権を行使することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

2011年01月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

地方税の賦課徴収並びに分担金、使用料及び手数料の徴収に関する条例の制定又は改廃の請求は認められていない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:地方自治

2011年01月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体は、条例で刑罰を科すことができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:地方自治

2011年01月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の規則には、法令に特別の定めがある場合を除き、科料を科する旨の規定を設けることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 憲法:地方自治

2011年01月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

条例には、法律の個別委任がない限り、刑罰でない過料を規定することもできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:地方自治

2011年01月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議会の議員は、地方公共団体の議会の議員及び常勤の職員と兼ねることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:地方自治

2011年01月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議員の議員及び長の選挙権を有する者は、原則、その総数の6分の1以上の者の連署をもって、当該普通地方公共団体の長の解散の請求をすることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:地方自治

2011年01月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

普通地方公共団体の議員の議員及び長の選挙権を有する者は、原則、その総数の3分の1以上の者の連署をもって、その代表者から、選挙管理委員会に対し、当該普通地方公共団体の議会の解散の請求をすることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:地方自治

2011年01月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

条例の制定改廃の請求を行う場合については、住民は、1人でも請求をすることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:地方自治

2011年01月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

市町村の条例の制定又は改廃の請求は、市町村の議会の議員及び市町村長の選挙権を有する者の総数の10分の1以上の連署をもって、市町村に対して行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:地方自治

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。