お知らせ

2010年10月29日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

常会の会期は、150日間とする。但し、会期中に議員の任期が満限に達する場合には、その満限の日をもって、会期は終了するものとする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 10:00 | 憲法:国会

2010年10月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会の延長は、常会、特別会及び臨時会とも3回を超えてはならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2010年10月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会の会期は、両議院一致の議決で、これを延長することができる、常会にあっては1回、特別会及び臨時会にあっては2回を超えてはならない。 当該延長の両議院の議決が一致しないとき、又は参 議院が議決しないときは、衆議院の議決したところによる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:国会

2010年10月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会の休会中、各議院は、総議員の4分の1以上の議員から要求があったときは、他の院の議長と協議の上、会議を開くことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:国会

2010年10月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

臨時会及び特別会の会期は、必ず両議院一致の議決で定めなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:国会

2010年10月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院議員の任期は、4年であるが、衆議院解散の場合には、その期間満了前に終了し、参議院議員の任期は、6年で、3年ごとに議員の半数を改選する。なお、同時に両議院の議員たることはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:国会

2010年10月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

参議院議員の任期は、6年とする。但し、参議院解散の場合には、その期間満了前に終了する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:国会

2010年10月20日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

衆議院議員総選挙の後に初めて国会の召集があったときは、必ずしも内閣は、総辞職をしなければならないわけではない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:内閣

2010年10月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、国務大臣を任命するが、国会議員以外の者から任命するのは、できない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:内閣

2010年10月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣の指名は、他のすべての案件に先立って、行い、当該内閣総理大臣は、内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、指名することになるが、当該指名は、 必ずしも、他のすべての案件に先立って、行うわけではない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:内閣

2010年10月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

検察官は、高等裁判所の定める規則に従わなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:司法

2010年10月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の裁判官は、その長たる裁判官を最高裁判所長官とし、その他の裁判官を最高裁判所判事とする。現在、最高裁判所判事の員数は、14人である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:司法

2010年10月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

下級裁判所は、高等裁判所、地方裁判所、家庭裁判所及び簡易裁判所である。なお、上級審の裁判所の裁判における判断は、その事件について下級審の裁判所を拘束する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:司法

2010年10月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

行政機関は、終審として裁判を行うことができないが、前審として審判することは妨げない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 憲法:司法

2010年10月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

すべて司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する。なお、下級裁判所とは、高等裁判所、地方裁判所、家庭裁判所、簡易裁判所及び特別裁判所とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:司法

2010年10月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

一の地方公共団体のみに適用される特別法は、どのような理由であれ、制定することはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:財政

2010年10月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

国費を支出するのは、国会の議決に基づくことが必要である。また、国が債務を負担することも同様に国会の議決が必要である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 憲法:財政

2010年10月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

予見し難い予算の不足に充てるため、国会の議決に基いて予備費を設け、内閣の責任でこれを支出することができるが、すべて予備費の支出については、内閣は、事後に会計検査院の承諾を得なければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:財政

2010年10月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

国の収入支出の決算は、すべて毎年財務省及び会計検査院が検査し、内閣は、次の年度に、その検査報告とともに、国会に提出しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:財政

2010年10月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

下級裁判所の裁判官の任期は、10年であるが、再任することができる。なお、再任する際には、国民審査に付さなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:司法

2010年10月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

下級裁判所の裁判官の任命は、その任命後初めて行われる参議院議員総選挙の際国民の審査に付し、その後10年を経過した後初めて行われる参議院議員総選挙の際更に審査に付し、その後も同様とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 憲法:司法

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ