お知らせ

2010年09月30日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判の対審及び判決は、必ずしも公開法廷で行うとは限らない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 憲法:司法

2010年09月29日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所であり、最高裁判所の裁判官は、すべて定期に相当額の報酬を受ける。この報酬は、在任中、これを減額することができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:司法

2010年09月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の裁判官の任命は、その任命後初めて行われる衆議院議員総選挙の際国民の審査に付し、その後15年を経過した後初めて行われる衆議院議員総選挙の際更に審査に付し、その後も同様とする。

上記の場合において、投票者の多数が裁判官の罷免を可とするときは、その裁判官は、罷免することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:司法

2010年09月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣は、国民主権の理念にのっとり、日本国憲法第73条その他日本国憲法 に定める職権を行い、行政権の行使について、全国民を代表する議員からなる国会に対し連帯して責任を負う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:内閣

2010年09月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

予算につき議院の会議で修正の動議を議題とするには、衆議院においては議員50人以上の賛成を要する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:国会

2010年09月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

一の地方公共団体のみに適用される特別法については、国会において最後の可決があった場合は、別に法律で定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票に付し、その4分3以上の同意を得たときに、さきの国会の議決が、確定して法律となる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 10:00 | 憲法:国会

2010年09月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

法律は、奏上の日から60日以内にこれを公布しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 憲法:国会

2010年09月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

内閣は、一の議院に議案を提出したときは、予備審査のため、提出の日から30日以内に他の議院に同一の案を送付しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 14:00 | 憲法:国会

2010年09月20日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

予算につき議院の会議で修正の動議を議題とするには、衆議院においては議員50人以上、参議院においては議員30人以上の賛成を要する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:国会

2010年09月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

行政権は、内閣に属し、内閣は、行政権の行使について、国会に対し連帯して責任を負う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 憲法:国会

2010年09月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会議員を除名するのは、出席議員の3分の1以上の多数若しくは、総議員の5分の4以上の多数の議決が必要である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:国会

2010年09月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院は、各々その総議員の半数以上の出席がなければ、議事を開き議決することができず、また、両議院の議事は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、出席議員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:国会

2010年09月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

秘密会を開くことができるのは、総議員の4分の3以上の多数若しくは、出席議員の3分の1以上の多数で議決したときである。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:国会

2010年09月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

参議院閉会中のときに、国に緊急の必要がある場合、内閣は、参議院の緊急集会を求めることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:国会

2010年09月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院議員の総選挙は、衆議院の解散の日から60日以内に行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 15:00 | 憲法:国会

2010年09月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

法務省は、裁判所の内部規律及び司法事務処理に関する事項について、規則を定める権限を有する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 11:00 | 憲法:前文

2010年09月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

法務省は、裁判官の懲戒処分を行うことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:司法

2010年09月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

すべての司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属しており、特別裁判所は、設置することはできず、また、行政機関は、終審として裁判を行うことはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:司法

2010年09月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣が欠けたときは、副総理が代行する等の対応をすることで、内閣は、必ずしも総辞職をしなければならないとは限らない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:内閣

2010年09月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

国務大臣を任命するのは、内閣総理大臣であり、国務大臣を罷免することができるのも内閣総理大臣である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:内閣

2010年09月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

衆議院と参議院とが異なった内閣総理大臣の指名の議決をした場合は、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は衆議院が指名の議決をした後、国会休会中の期間を除いて10日以内に、衆議院が、指名の議決をしないときは、参議院の議決を国会の議決とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 12:00 | 憲法:内閣

2010年09月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

国務大臣を任命するのは、内閣総理大臣であるが、国務大臣は、必ず文民かつ国会議員の中から選ばなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:内閣

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ