お知らせ

2010年07月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

特別会の会期の延長は、2回まで行うことができるが、臨時会の会期の延長は、2回までである。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:国会

2010年07月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会の休会中、各議院は、総議員の3分の2以上の議員から要求があったときは、他の院の議長と協議の上、会議を開くことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 22:00 | 憲法:国会

2010年07月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

常会の会期は、150日間とし、国会の会期は、召集の日の翌日から起算することになる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:国会

2010年07月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会の会期は、両議院一致の議決で、延長することができ、当該会期の延長は、常会にあっては1回、特別会及び臨時会にあっては2回を超えてはならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:国会

2010年07月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院が解散されたときは、解散の日の翌日から40日以内に、衆議院議員の総選挙を行い、その選挙の日の翌日から10日以内に、国会を召集しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 憲法:国会

2010年07月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院は、院内の秩序をみだした議員を懲罰することができるが、議員を除名するのは、総議員の過半数の議決が必要である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:国会

2010年07月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

秘密会を開くことができるのは、出席議員の3分の2以上の多数で議決したときであり、また、各議員の表決の会議録への記載は、出席議員の3分の2以上の要求がある場合である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:国会

2010年07月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

日本国憲法で、特別の定めのある場合を除き、両議院の議事は、出席議員の過半数で決し、可否同数のときは、両議院協議会において、決することとなるが、当該両議院協議会においても、決することができない場合は、議長が決する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:国会

2010年07月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院が解散されたときは、参議院は、同時に閉会となるが、国に緊急の必要がある場合、内閣は、参議院の緊急集会を求めることができる。

当該緊急集会のおいて、採られた措置は、臨時のものであり、次の国会開会の後10日以内に、衆議院の同意がない場合は、効力を失うこととなる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:国会

2010年07月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会の臨時会の召集を決定することができるのは、衆議院である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 憲法:国会

2010年07月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

国務大臣を罷免することができるのは、内閣総理大臣及び両議院議長である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:内閣

2010年07月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

国務大臣は、その在任中、内閣総理大臣及び天皇の同意がなければ、訴追されない。但し、これがため、訴追の権利は、害されない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:内閣

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。