お知らせ

2010年06月30日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、国会議員以外の国務大臣を罷免することができるが、国会議員である国務大臣は、両議院議長の同意があれば、罷免することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:内閣

2010年06月29日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

衆議院議員総選挙の後に初めて国会の召集があったときは、内閣は、総辞職をし、あらたに内閣総理大臣が任命されるまでの間は、両議院協議会が、内閣の職務を行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 憲法:国会

2010年06月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

臨時会の召集を決定するのは、内閣総理大臣であるが、いずれかの議員の総議員の4分の1以上の同意があれば、内閣総理大臣は、臨時会の召集を決定しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:国会

2010年06月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取った後、国会休会中の期間を除いて10日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなさなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:国会

2010年06月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院が解散されたときは、解散の日から速やかに、衆議院議員の総選挙を行い、その選挙の日から30日以内に、国会を召集しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:国会

2010年06月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

裁判所は、各々その議員の資格に関する争訟を裁判するが、議員の議席を失わせるには、出席議員の3分の2以上の多数による議決を必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 22:00 | 憲法:国会

2010年06月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院が、議事を開き、議決することができるのは、各々の総議員の3分の1以上の出席がある場合である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:国会

2010年06月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

出席議員の3分の2以上の多数で議決したときは、秘密会を開くことができるが、当該秘密会の記録は、全て公表しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:国会

2010年06月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院は、各々その総議員の過半数の出席がなければ、議事を開き議決することができず、両議院の議事は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、出席議員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 16:00 | 憲法:国会

2010年06月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院は、院内の秩序をみだした議員を懲罰することができるが、当該議員を除名するには、出席議員の2分の1以上の多数による議決が必要である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:国会

2010年06月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

内閣総理大臣は、両議院の一に議席を有すると有しないとにかかわらず、答弁のため出席を求められたときは、出席しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:国会

2010年06月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

秘密会の記録の中で、特に秘密を要すると認められるもの以外は、公表しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 憲法:国会

2010年06月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

衆議院議員総選挙の後に初めて国会の召集があったときに、内閣は総辞職をしなければならないが、内閣は、あらたに内閣総理大臣が任命後10日以内まで引き続きその職務を行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:地方自治

2010年06月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

衆議院で不信任の決議案を可決したときに内閣は、総辞職しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:地方自治

2010年06月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票において4分の3以上の同意がなければ、国会は、制定することができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 22:00 | 憲法:地方自治

2010年06月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:地方自治

地方公共団体には、法律の定めるところにより、その議事機関として議会を設置す、当該議会の議員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:地方自治

2010年06月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

法律及び政令への連署をするのは、主任の国務大臣である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 13:00 | 憲法:内閣

2010年06月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

法律及び政令には、すべての国務大臣が署名することを必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 17:00 | 憲法:内閣

2010年06月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣官房長官は、内閣を代表して議案を国会に提出し、一般国務及び外交関係について国会に報告し、並びに行政各部を指揮監督しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:内閣

2010年06月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣が欠けたときは、内閣は、解散をしなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:内閣

2010年06月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決後、15日以内に衆議院の解散をしなければ、総辞職をしなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:内閣

2010年06月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

国務大臣は、国会議員でなければなることはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 20:00 | 憲法:内閣

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。