お知らせ

2009年12月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、国政に関する機能を有せず、日本国憲法の定める国事行為の みを行うが、当該国事行為には、内閣の助言と承認が必要となる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:天皇

2009年12月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

栄典を授与することは、天皇の国事行為であるが、その国事行為につ いては、内閣の助言と承認が必要であり、内閣が責任を負う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:天皇

2009年12月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、国会を召集する等の国事行為を行うが、当該国事行為の責任は、内閣が負う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:天皇

2009年12月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、国会議員の総選挙の施行を公示する等の国事行為を行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:天皇

2009年12月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、内閣の許可の下、国民のために、外国の大使及び公使を接受する等の国事に関する行為を行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:天皇

2009年12月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

財務大臣は、国会及び国民に対し、定期に、少くとも毎年1回、国の財政状況について報告しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 22:00 | 憲法:財政

2009年12月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

予見し難い予算の不足に充てるため、内閣の承認に基いて予備費を設け、国会の責任でこれを支出することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:財政

2009年12月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

会計検査院は、毎年、すべての国の収入支出の決算について、検査を行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:財政

2009年12月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

内閣は、毎年、予算を作成し、国会に提出して、その審議を受け議決を経なければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:財政

2009年12月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:財政

国の収入支出の決算は、内閣府以外毎年会計検査院がこれを検査し、内閣は、次の年度に、その検査報告とともに、これを国会に提出しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:財政

2009年12月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判官の懲戒処分は、法務省が行うことはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年12月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所であり、検察官は、最高裁判所の定める規則に従わなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年12月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の裁判官及び下級裁判所の裁判官の報酬は、在任中減額できない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年12月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判官は、公の弾劾によらなければ罷免されることはない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年12月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

すべての裁判官は、その良心に従い独立してその職権を行い、日本国 憲法のみに拘束される。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年12月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院が解散されたときは、解散の日から40日以内に、衆議院議員の総選挙を行い、その選挙の日から30日以内に、国会を召集しなければならないが、その際の召集詔書は、少なくとも10日前にこれを公布しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:国会

2009年12月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

常会と特別国会は、併せて召集することができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:国会

2009年12月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

常会は、毎年1回召集し、召集詔書は、少なくとも30日前に公布しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:国会

2009年12月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会議員の中で、衆議院のみ議院で行った演説、討論又は表決について、院外で責任を問われない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 23:13 | 憲法:国会

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ