お知らせ

2009年11月30日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院議員の任期は、4年とするが、衆議院解散の場合には、その期間満了前に終了する。また、参議院議員の任期は、6年とし、2年ごとに議員の3分の1を改選する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 23:11 | 憲法:国会

2009年11月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

会計検査院は、毎年、すべての国の収入支出の決算について、検査し、内閣は、次の年度に、その検査報告とともに、これを国会に提出しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:内閣

2009年11月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

毎年1回、会計検査院は、内閣を代表して、国の財政状況について、報告しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:内閣

2009年11月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

国の収入支出の決算は、すべて毎年財務省が、会計検査院がこれを検査し、内閣は、次の年度に、その検査報告とともに、これを国会に提出しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:内閣

2009年11月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:憲法改正

日本国憲法の改正は、各議員の総議員の3分の2以上の賛成で、内閣が発議し、国民に提案して、その承認を経なければならない。

なお、その承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:憲法改正

2009年11月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院議員は、法律の定めるところにより、国庫から相当額の歳費を受け、衆議院解散によって、期間満了前に任期が終了した場合も、期間満了までの間についての歳費を受けることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:国会

2009年11月20日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所であり、行政機関は、終 審として裁判を行うことができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年11月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の裁判官の国民の審査にて、投票者の3分の2以上の者が裁判官の罷免を可とするときは、その裁判官は、罷免される。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年11月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

特別裁判所は設置することができず、また、行政機関は、裁判を行うことができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年11月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判官の懲戒処分は、最高裁判所の委任を受け、行政機関が行うことができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年11月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所は、下級裁判所に関する規則を定める権限を、下級裁判所に委任することができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年11月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

対審を常にこれを公開しなければならないのは、政治犯罪の事件であ る。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年11月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所は、訴訟に関する手続に関する事項について、規則を定め る権限を有する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年11月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所は、その長たる裁判官及び法律の定める員数のその他の裁 判官でこれを構成し、最高裁判所以外の裁判官は、国会で任命する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:内閣

2009年11月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

法務大臣は、弁護士、裁判所の内部規律及び司法事務処理に関する事項について、規則を定める権限を有する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年11月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

日本国の司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下位裁判所及び特別裁判所に属する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:18 | 憲法:司法

2009年11月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:内閣

2009年11月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命等日本国憲法の定める国事に関する行為のみを行い、国政に関する権能を有してはいない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:内閣

2009年11月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣が、総辞職をしなければならないのは、衆議院議員総選挙の後に初めて国会の召集があったときのみであり、内閣は、あらたに内閣総理大臣が任命されるまで引き続きその職務を行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:55 | 憲法:内閣

2009年11月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、国会議員の中から国民投票で、決めることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:53 | 憲法:内閣

2009年11月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣総理大臣は、必ず文民でなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:51 | 憲法:内閣

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ