お知らせ

2009年04月30日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判官の中で、退官する上限が設けられていないのは、最高裁判所の裁判官である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月29日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

簡易裁判所判事の任免は、天皇が認証する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月28日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の許可のある場合を除き、裁判官は、在任中、報酬のある他の職務に従事することはできない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判官の中で、年齢70年に達した時に退官するのは、簡易裁判所の裁判官のみである。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

法廷は、裁判所又は支部でこれを開くが、最高裁判所は、法務省の許可の下、裁判所又は支部にかかわらず、他の場所で法廷を開き、又はその指定する他の場所で下級裁判所に法廷を開かせることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

簡易裁判所は、訴訟の目的の価額が100万円を超えない請求(行政事件訴訟に係る請求を除く。) について、第一審の裁判権を有する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月22日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判所の経費は、国の予算に計上しなければならないが、その際、独立して、計上しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月21日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判は、最高裁判所の裁判について必ず、過半数の意見による。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月20日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

簡易裁判所は、訴訟の目的の価額が140万円を超えない請求(行政事件訴訟に係る請求を除く。) について、第一審の裁判権を有する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

簡易裁判所判事は、最高裁判所の指名した者の名簿によって、内閣が任命し、高等裁判所長官は、最高裁判所の指名した者の名簿によって、天皇が任命する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判所は、一切の法律上の争訟を裁判し、その他法律において特に定める権限を有する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月15日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の裁判官は、その長たる裁判官を最高裁判所長官とし、その他の裁判官を最高裁判所判事とし、最高裁判所判事の員数は、14人である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月14日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

高等裁判所は、中級裁判所に属している。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

簡易裁判所判事は、最高裁判所の指名した者の名簿によって、内閣でこれを任命する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の許可のある場合を除いて、報酬のある他の職務に従事することは、裁判官は、在任中行ってはならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判官は、報酬の減額をされることはない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月08日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判官の中で、年齢65年に達した時に退官するのは、家庭裁判所の裁判官のみである。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月07日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

他の法律の定めるところにより一般の官吏に任命されることができない者の外、禁錮以上の刑に処せられた者は、裁判官に任命することができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

商業を営み、その他金銭上の利益を目的とする業務を行うことは、裁判官は、在任中行ってはならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判官は、在任中、国会若しくは地方公共団体の議会の議員となり、又は積極的に政治運動をすることができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

すべての裁判官は、年齢70年に達したときに退官する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年04月01日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

下級裁判所の裁判官の職は、高等裁判所がこれを補する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。