お知らせ

2009年03月31日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

下級裁判所は、高等裁判所、地方裁判所、家庭裁判所であり、下級裁判所の設立、廃止及び管轄区域は、別に法律でこれを定める。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年03月30日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判官は、在任中、商業を営み、その他金銭上の利益を目的とする業務を行うができない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年03月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判所は、日本国憲法第82条第2項の規定により対審を非公開しないで行うには、公衆を退廷させる前に、その旨を理由とともに言い渡さなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年03月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

家庭裁判所の裁判官は、年齢70年に達した時に退官する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年03月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判官は、その意思に反して、免官、転官、転所、職務の停止又は報酬の減額をされることは決してない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年03月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

裁判は、必ず、過半数の意見によって裁判をしなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年03月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

法廷は、必ず裁判所又は支部で開かなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 21:00 | 憲法:司法

2009年03月20日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

簡易裁判所判事は、その官に任命された日から10年を経過したときは、その任期を終えるものとし、再任されることができる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:司法

2009年03月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

高等裁判所長官の任免は、内閣がこれを認証する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:司法

2009年03月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所判事は、内閣が任命する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:司法

2009年03月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所判事の任免は、内閣がこれを認証する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:司法

2009年03月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所判事の任命は、国民の審査に関する法律の定めるところにより国民の審査に付される。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 09:00 | 憲法:司法

2009年03月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

大法廷は、全員の裁判官の、小法廷は、最高裁判所の定める員数の裁判官の合議体とする。但し、小法廷の裁判官の員数は、5人以上でなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:司法

2009年03月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所は、大法廷のみで審理及び裁判をする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:司法

2009年03月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所判事の員数は、18人である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:内閣

2009年03月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

上級審の裁判所の裁判における判断は、その事件について下級審の裁判所を拘束する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:司法

2009年03月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所の最高裁判所長官以外の裁判官を最高裁判所判事と言う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 19:00 | 憲法:司法

2009年03月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院の緊急集会において採られた措置は、臨時のものであり、次の国会開会の後10日以内に、内閣の同意がない場合には、その効力を失う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:国会

2009年03月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができ、いづれかの議院の総議員の4分の1以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:国会

2009年03月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

内閣総理大臣を指名するのは、天皇である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:天皇

2009年03月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

内閣法の定めるところにより摂政を置くときは、摂政は、天皇の名で、国事行為を行う。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:天皇

2009年03月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:天皇

天皇は、国事行為を行うことはできるが、国政に関する機能を有してはいない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:天皇

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ