お知らせ

2009年02月27日

〜行政書士練習問題〜 憲法:最高法規

条約は、国会によって国内法に変型されることによってはじめて、国内法としての効力を有する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:最高法規

2009年02月26日

〜行政書士練習問題〜 憲法:最高法規

最高裁判所の判例の考え方によれば、違憲審査の対象は国内法に限られるから、条約に対する違憲審査は認められない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:最高法規

2009年02月25日

〜行政書士練習問題〜 憲法:最高法規

当事者が人的に法律を異にする国の国籍を有する場合には、当事者に最も密接な関係のある法律を当事者の本国法とする。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:最高法規

2009年02月24日

〜行政書士練習問題〜 憲法:最高法規

日本国憲法98条2項や前文を根拠として、条約は、一般的に国内法として受容される。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:最高法規

2009年02月23日

〜行政書士練習問題〜 憲法:最高法規

確立された国際法規は、条約が自動執行力をもつ場合に限って、国内法的効力を有する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:最高法規

2009年02月20日

〜行政書士練習問題〜 憲法:人権

憲法25条の規定の趣旨にこたえて具体的にどのような立法措置を講じるかの選択決定は、立法府の広い裁量にゆだねられている。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:人権総論

2009年02月19日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

国会は、実質的にみて、司法権を行使することがある。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:国会

2009年02月18日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院は、実質的にみて、司法権を行使することがある。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:国会

2009年02月17日

〜行政書士練習問題〜 憲法:司法

最高裁判所は、実質的にみて、行政権を行使することがある。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:司法

2009年02月16日

〜行政書士練習問題〜 憲法:内閣

内閣は、実質的にみて、立法権を行使することがある。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:内閣

2009年02月13日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

参議院議員の任期は、6年とし、3年ごとに議員の半数を改選する。

現在、参議院議員の定数は242人とし、そのうち、96人を選挙区選出議員、146人を比例代表選出議員である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:国会

2009年02月12日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院議員の任期は、4年とする。但し、衆議院解散の場合には、その期間満了前に終了する。

現在、衆議院議員の定数は、480人とし、そのうち、300人を小選挙区選出議員、180人を比例代表選出議員である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:国会

2009年02月11日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

参議院議員の任期は、6年とし、3年ごとに議員の半数を改選する。現在、参議院議員の定数は242人とし、そのうち、96人を比例代表選出議員、146人を選挙区選出議員である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:国会

2009年02月10日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

両議院の議員の定数の変更は、法律で行うことはできず、日本国憲法改正が必要である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:国会

2009年02月09日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

衆議院議員の任期は、原則、4年であり、参議院議員の任期は、3年である。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:国会

2009年02月06日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

内閣総理大臣が参議院の緊急集会を求めるには、内閣から、集会の期日を定め、案件を示して、参議院議長にこれを請求しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:国会

2009年02月05日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

憲法改正原案について国会において最後の可決があった場合には、その可決をもって、国会が日本国憲法第96条第1項に定める日本国憲法の改正の発議をし、国民に提案したものとする。

この場合において、内閣総理大臣は、憲法改正の発議をした旨及び発議に係る憲法改正案を官報に公示する。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:国会

2009年02月04日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

一の地方公共団体のみに適用される特別法については、国会において最後の可決があった場合は、別に法律で定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票に付し、その4分の1以上の同意を得たときに、さきの国会の議決が、確定して法律となる。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:国会

2009年02月03日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

内閣は、内閣総理大臣が欠けたとき、又は辞表を提出したときは、速やかにその旨を両議院に通知しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:国会

2009年02月02日

〜行政書士練習問題〜 憲法:国会

日本国憲法第54条により召集された国会の召集詔書は、少なくとも10日前にこれを公布しなければならない。

答えを見る

posted by 行政書士合格目指そう!委員会 at 18:00 | 憲法:国会

更新情報は、メルマガで。

最新の問題を掲載しています。メールアドレスを入力してボタンを押すと購読できます。(発行部数:1,375部)


メルマガ購読・解除 ID: 182652
行政書士試験:毎日コツコツ一問一答
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。